文系数学が苦手な人の対策

大学受験を考えている高校生の方で文系を希望している方も多いと思いますが、受験科目に数学が含まれていると苦手意識を一層感じてしまうのではないでしょうか。

文系の高校生で数学が苦手な高校生は多く、勉強をしても苦手意識を克服することがなかなかできないものです。

こんな時いったいどうやって勉強をしていったらいいのでしょうか。

文系の学生にとって数学はとても取り組みにくい科目ではあります。

苦手意識のためになかなか勉強する気にもなれないものです。

そんな時には取り組み方に工夫をしてみるといいでしょう。

初めから自分にとって難しい問題に取り組む必要はありません。

 

基礎的な簡単な問題を集中的に何度も繰り返す

数学の問題では基礎的な問題から解答を出すまでに時間がかかる問題まであります。

中でも基礎的な問題は単純な公式に当てはめるようなものなどが多く、数学が苦手な高校生でも取り組みやすいものです。

特に教科書に載ってある練習問題は基礎的でとても簡単に感じることでしょう。

数学が苦手な方はまず基礎的な問題を多くこなしていって数学を集中して解いていく体力を作ることに専念してください。

最初は時間をかけて問題を多く解くことに苦痛を感じたり面倒に感じたりするかもしれません。

ただ徐々に早く解いていくことができます。

そして次にステップアップしていくようにします。

難しい問題を解くためには基礎的な問題を多く解くことが必要ですし、そのための体力も必要です。

じっくりと基礎的な簡単な問題から徐々に解いていくようにしてください。

 

わからない問題は長く考えず次の問題に移る

基礎的な問題は困難なく解いていけるのではないでしょうか。

特に文系数学では難しいものはあまりないのではないでしょうか。

徐々に難しい問題に移っていった時に、問題によっては解けないものも出てくるはずです。

この時にあまり長く考えないようにしましょう。

ある程度考えてわからなければすぐに解答を見るようにします。

わからない問題は考えても解答が出ないものです。

ですから時間の無駄にならないように解答を見てしまってください。

ただ解答はじっくりと見て解法を確認してください。

そこでわからない部分があればその個所に印をつけておき、後日解くようにします。

解いてわからない所は、自分自身がそれを解くための能力がないためです。

ですからしばらくしてスキルアップした段階で、再度印をつけた部分を見て理解をしていきましょう。

 


sponserdlink

【話題】塾に通わず30日間で確実に成績が上がる勉強法


KxEQtNVbtcohaHr1438393276_1438393454 のコピー


sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ