小6で夏期講習が不要な生徒

小学6年生になると中学受験の総仕上げの時期に入っていきます。

小学生で勉強する内容の中で一番難しいものが6年生の内容ですが、それの勉強を行いがながら今までの復習を受験のために同時に行っていかなければならないのですが、ちょうど夏休み時期が復習の総仕上げとなります。

この時期には夏期講習が学習塾で行われ、学習塾に普段通っている小学生の中に夏期講習を受けている人もいます。

夏期講習を受けるためには普段の月謝の他に講習代も必要となり家計にかなり影響します。

そこまでして受ける必要があるのかと思う家庭もあることでしょう。

実際に夏期講習を受ける必要のない生徒とはどんな人たちなのでしょうか?

 

今までの復習が出来上がっている人は不要

毎日きちんと家庭学習ができている小学生の場合、これまでの復習はほぼできているケースが多いのではないでしょうか。

きちんと自分で勉強ができ、またこれまでの復習もきちんと行ってきた生徒には夏期講習は不要だといえます。

夏期講習は小学校生活の最後の夏休みに復習の仕上げの意味合いが強いですが、自分で勉強ができない人には強制的な勉強でもあり必要ではないかと思います。

それに対して自主的に勉強ができる生徒であれば夏休みもきちんと自分で取り組むためあえて講習に行く必要もありません。

夏休みはこれまでの復習のまとめを行います。

また予習を先取りして行っていきます。

自主的に勉強をする生徒は予習に関しても問題はないはずです。

 

自主学習ができていればコストをかける必要はない

自主学習がきちんとできる生徒であれば夏休みに高いコストをかけて夏期講習に行く必要はありません。

講習に行くための余裕があれば行っても無駄ではないですし、一層の学力の向上とやる気をアップさせるためにいい経験だとは思いますが、無理をして行く必要も同時にないと言えます。

家計に負担を与えるよりも子供にやる気を一層出させるような声かけなどの配慮をした方がいいでしょう。

夏休みでは過去問などをする余裕があれば取り組んでいくようにしたいものです。

過去問を何度も繰り返しやっていくことで試験時間内にどの程度の速さで解いていったらいいのか、また難易度などを確認いしていくことができます。

繰り返し過去問をやっていき、また予習を同時にやっていくのが理想です。

また保護者の方は夏の暑い時期なので子供の体調が崩れないように健康管理をしてあげてください。

体調を崩して受験勉強がストップしないように気を付けないといけません。

 


sponserdlink

【話題】塾に通わず30日間で確実に成績が上がる勉強法


KxEQtNVbtcohaHr1438393276_1438393454 のコピー


sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ