センター日本史が苦手な人の対策

大学受験の中でセンター試験は国公立大学を受験する場合によく受けるものですが、マークシートとはいえ、科目数が多いため効率のいい学習をしていかなければなりません。

中でも日本史はマークシートで語句の漢字などを覚えなくていいという大きなメリットがありますが、ダラダラと勉強をせず歴史自体の全体像をざっくりとまずは理解していかなければなりません。

日本史が苦手な高校生は歴史の縦と横の流れがうまくつながらず、理解が難しいと感じていることが多くあります。

できるだけ早く日本史の全体を理解していくためにはどうしたらいいのでしょうか。

 

マンガの日本史を利用する

日本史が苦手な高校生は日本史に対して興味が持てない、また歴史の流れをつかむのが苦手という理油が挙げられます。

まずは全体的な内容を理解することから始めなければなりません。

そのためには教科書を利用するのがいいですが、文章だけではやる気も起きませんし、勉強も長続きしないでしょう。

そんな時に役立つのがマンガの日本史です。

これはマンガで日本の歴史を理解していくというもので、教科書以上に興味がわきますし、楽に日本の歴史を理解していくことができます。

今まで日本史が苦手としていた高校生の方は一度読んでみることをお勧めします。

書店でも販売されていますが、図書館に置かれていれば一度借りてじっくりと読んでみてはいかがでしょうか。

 

時代ごとの内容を理解していく

マンガの日本史を利用すれば全体的な内容を理解していくことができます。

その上で時代ごとの内容を勉強していくと意外に容易に流れを理解していくことができます。

理解が進んでいけば内容理解は苦痛ではなく、容易に勉強が進んでいきます。

勉強してきた内容が理解できているかどうかを確認するために簡単な問題集を使って取り組んでみてください。

問題集は簡単に解けるものでかまいません。

また1問1答式の問題集も気軽に内容を理解できるものとしてお勧めです。

センター試験の日本史は記述式ではありませんから、漢字についてはあやふやでもかまいません。

漢字などを細かく理解できなくても問題はありませんから、簡単な問題集を使用し、何度も繰り返し勉強していったら難易度の少し高い問題集をやっていくようにするといいでしょう。

センター試験の日本史は日本史が嫌いな高校生でも比較的取り組みやすいものといえます。

簡単なやり方から始めれば負担を軽減しながら学習もできていきます。

 


sponserdlink

【話題】塾に通わず30日間で確実に成績が上がる勉強法


KxEQtNVbtcohaHr1438393276_1438393454 のコピー


sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ