中1で夏期講習の必要性

中学1年生ではまだ高校受験に対する関心はないものですが、勉強自体はやっておかなければなりません。

中学全体では1年生の学習内容は基礎的で簡単といえます。

この時期の学習内容を理解しておかないと、中学2年生になったら一層理解ができなくなり、高校受験の時には非常に困難な状況になることは大きく予想されます。

そのために、学習塾に通うことは一般的ですし確実な理解をすることができるためお勧めしたいと思います。

ただ夏休みに行われる夏期講習については不要だと考える方もいることでしょう。

実際には1年生の夏期講習は行った方がいいのでしょうか。

 

2学期の授業についても安心なら不要

1学期の段階の学習内容が確実に理解できていて成績もいい中学生であれば基本的には夏期講習は行かなくても問題はないといえます。

2学期も同様に学習内容を理解できると予想される中学生なら学習塾に行くだけでも一層の学力アップが期待できます。

夏休みの間はこれまでの内容を復習し、またできる限り予習をやっておくことが必要です。

2年生の内容は2年生になってから行うのでは遅く、早い段階から予習をして先取りをしておかないと、実際に2年生なった時に授業の内容を理解することが難しい状況も出てきます。

安心のためには、夏休みに予習をしておくことです。

 

学習内容の理解をしたい時には夏期講習は必要

1学期の学習内容が理解できていない、成績も思ったほどではなかったという小学生の場合には2学期も同様な状況が予想され、一層学習内容を理解できなくなってくるのではないかと思われます。

そうなってくると2年生になっても状況が悪化していくはずですから、1年生の早い段階から対策を講じておかなければなりません。

夏期講習では今までの復習を行って学習内容の理解をしていく必要があります。

また勉強に対する意欲や集中力を養うために夏期講習を受けるのもいいことです。

学習内容の理解が遅い生徒では、復習を中心にして勉強をしていくといいでしょう。

夏休みは夏期講習を受けながら自宅でも出来るだけ復習をしていくことが大切です。

1学期に学習した部分は総ざらいし、また理解できていない部分は再度問題集を使って勉強をしてみるようにしましょう。

わからない所は学習塾の講師や保護者が対応するなど、全ての部分で理解ができておくような状態にしておくようにしたいものです。

このようなことをしておけば受験で慌てることも少ないでしょう。

 


sponserdlink

【話題】塾に通わず30日間で確実に成績が上がる勉強法


KxEQtNVbtcohaHr1438393276_1438393454 のコピー


sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ