センター試験理科の選択

大学受験でセンター試験を受ける方も多いと思いますが、教科数が多くてなかなか勉強もしにくいのではないでしょうか。

理科が受験科目になっている場合、どの科目にするかが悩みどころでしょう。

自分が今まで学習してきた科目の中で得意なものを選択するのが一番合っていますが、センター試験で点数が取りやすい科目を選択するのもいい方法です。

これからセンター試験に向けて勉強をする予定の方で、どの科目にしたらいいのか迷っている場合の選択方法についてお伝えしたいと思います。

 

暗記が得意な人向けの科目

理科の中でも暗記が得意な人が向いているのが地学と生物です。

地学についてはクセがあって今まで地学の勉強をしてきて自分に合っていると感じている場合には選択をした方がいいでしょう。

暗記しなければならない部分も多く、取り組みにくいと言われる分野ですから、今まで地学を勉強してきてない方は避けた方がいいかもしれません。

生物分野に関しては常識の部分もあり、比較的取り組みやすい科目ではないかと思います。

暗記する所が多いですから、生物に興味のない方にとっては暗記は苦痛を感じることでしょう。

生物に関しては自分が生物の勉強に興味を持って取り組むことができると思ったら選択したらいいでしょう。

生物の試験については、点数が取りやすく、満点は難しくても高得点は狙えるのが特徴です。

 

化学と物理の選択について

化学については暗記する部分もありますが、計算するところもあります。

化学の勉強をしていくことに苦痛を感じることがなければ万人受けする科目ではないかと思います。

生物と同じく満点は取りにくくても高得点は勉強によって取りやすい科目だといえます。

特にどの科目にしたらいいのかわからない場合には生物か化学がお勧めです。

物理については暗記する所がありますが、計算に比重がかかっています。

数学の公式などを使用したりする科目で、好き嫌いがはっきりと分かれます。

数学が嫌いな方は物理の勉強はとても苦痛を感じることでしょう。

物理の受験は満点は取れるかの世がある反面、きちんと理解していないと点数を取ることが難しいといえます。

物理の勉強が大好きな方にとってセンター試験の物理は基礎的な内容なので取り組みやすく高得点が狙えます。

それぞれの科目で特徴があります。

それを知って、その上で科目の選択をしたらいいでしょう。

特に物理と地学は興味のない方にはとても勉強しにくい科目だといえます。

 


sponserdlink

【話題】塾に通わず30日間で確実に成績が上がる勉強法


KxEQtNVbtcohaHr1438393276_1438393454 のコピー


sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ