高校入試前の健康管理

高校入試の当日になって風邪を引いて本来の実力を発揮出来ず不合格になってしまったというケースもあり、健康管理は見方によっては受験勉強よりも重要なこともあります。

受験勉強の際にはつい自分の健康について二の次に考えがちです。

また親に健康管理を任せている中学生もいるのではないでしょうか。

実際には自分の健康は自分がよくわかっていますし、自分で管理していかなければなりません。

高校受験では受験勉強と健康管理の両方がきちんとできている必要があります。

あまり語られない健康管理ですが、高校入試直前ではどのようなことに気を付けていけばいいのでしょうか。

 

体力を低下させるものをなるべく避ける

体力が低下していくと免疫力も低下して病気になりやすくなります。

特に風邪を引きやすくなってしまいます。

風邪は最も受験シーズンで起こりやすい病気で、案外治癒するまでに時間がかかるものです。

症状も頭痛や咳、たんなどで体力を消耗してしまうものです。

受験当日には絶対に風邪を引いてはいけませんし、受験直前も同様です。

受験当日に風邪を引いてしまうと頭がしっかりと働かず、今まで覚えていたことや問題を解くための勘も鈍ってしまいます。

また受験直前に風邪を引くと受験勉強ができず、本番を迎えてしまうことにもなりかねません。

体力の低下は風邪の原因ですから、できる限り体力を低下させないように気を付けてください。

無理な運動は体力の低下を招きます。

受験勉強のために運動をしていないからといって無理に運動をすると体力が奪われてしまいます。

運動をする場合にはあまり体に負担をかけないような内容を選ぶようにしてください。

また長時間の運動も受験直前は避けるようにしてください。

 

体を温めるようにする

体温の低下も体力の低下を招きますから気を付けてください。

体温を低下させる原因は冷たい飲み物を多く飲む、また食べるといったことです。

受験直前はなるべく温かいものを食べるようにして、また飲み物も常温以上のものを口にするようにしてください。

時には冷たい飲み物もいいですが、飲むときには体を冷やすようながぶ飲みといったことはしないようにしてください。

少しずつ口にしていくことが大切です。

また外出時には暖かい格好をして出かけるようにしてください。

体をなるべく温かくしていくように努力することで、受験当日には万全の態勢で臨むことができます。

今までの努力を完璧に発揮できるような環境作りをしてください。

 


sponserdlink

【話題】塾に通わず30日間で確実に成績が上がる勉強法


KxEQtNVbtcohaHr1438393276_1438393454 のコピー


sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ