高校受験前の勉強について

高校入試前になるといろんなことをやらないといけないと思い、慌てて数多くの問題集などをやり始める人がいます。

受験前になると緊張感や不安が増大し、慌ててしまうのはわかりますが、やるべきことは今までやってきたので、やることは絞り込んで取り組むべきです。

ただどんなことをしたらいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

受験前にどんなことをしたらいいのかについてお伝えしたいと思います。

 

文系科目について

国語に関しては読解力の低下を防ぐために問題集を利用して文章をできるだけ目を通し、できれば早く読めるようにしておくことが大切です。

問題は多く解く必要はありませんが、文章を読みながら問題を解く作業は時々行うようにしてください。

問題を解く間隔が空きすぎると読解力も低下していきますから、あまり時間を空けないように気を付けましょう。

社会についてですが、覚えるべき語句はできるだけ毎日目を通すようにしてください。

社会が苦手な中学生は語句をしばらく見ないとすぐに忘れてしまうことがあります。

暗記が苦手な人は少しでもいいのでできるだけ毎日語句を見ておくようにしてください。

また過去問をざっくりとやっておくことも大切です。

気を付けないといけないのが英語の学習です。

英語はしばらく勉強をしていないと学力が早く低下してしまう科目です。

普段は得意にしている中学生でも問題を解く時間がいつもよりかかってしまうこともよくあります。

できるだけ毎日英語の問題を解くようにしてください。

文法の問題は万遍なくざっくりとやっておくようにしてください。

また単語帳を軽く目を通しておきます。

長文問題は英語の勘を保持しておくためにもできるだけ毎日やっておきましょう。

 

理系科目について

理科はそれぞれの分野を少しずつ毎日やっておくことが大切です。

過去問を解くことで偏りがなく勉強ができるので、繰り返しやっておくといいでしょう。

特に生物と地学分野は暗記すべきところが多いので、暗記については苦手な人は毎日目を通す必要があります。

数学については、英語と同様にしばらく勉強をしていないと学力が低下してしまう科目です。

どの部分についても少しずつやっておく必要があります。

できれば過去問を多く解いて勘を失わないようにしてください。

どの教科も少しずつ万遍なくやっておくことが大切ですが、優先順位をつけて時間を振り分けて取り組んでいく必要があります。

特定の科目だけを時間をかけて勉強するようなことは避けてください。

 


sponserdlink

【話題】塾に通わず30日間で確実に成績が上がる勉強法


KxEQtNVbtcohaHr1438393276_1438393454 のコピー


sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ