偏差値の高すぎる中学の受験

偏差値は自分の学力と志望校のレベルを目で見える形にしたものですが、自分の学力よりもかなり離れた偏差値の中学校は合格することが難しいのかという問題が中学受験ではよく言われます。

小学校6年生の時には自分の学力を上げて合格するということは難しくなってきますが、小学校4年生の段階であればまだ学力を上げていくことは可能です。

ただ小学生によってはなかなか学力の向上が期待できない場合もあります。

偏差値の高い学校を受けるべきかどうか、どのあたりで判断をしたらいいのでしょうか。

 

小学校4年生ならまだ間に合う

小学校4年生の段階ならまだ時間的には間に合います。

ただそれは家庭学習をきちんとやり、自分の学力を上げていこうという意欲のある子供の場合に限って言えることです。

小学校4年生なら今までの復習にかける時間もあまり必要としませんし、これからの勉強は予習を含めて毎日きちんと行っていけば学力の向上は期待できます。

偏差値が高いからといって不安になることはありません。

ただ家庭学習をきちんとやってきた小学生でなければ、高い偏差値の中学を受けるだけの学力を身に付けることは期待できないでしょう。

家庭学習は自分で積極的に、また意欲的に勉強に向かおうという気持ちがなければできないことです。

家庭学習を自ら進んでやる子供ならこれからの学力の向上はきっとできることでしょう。

 

理解が遅い子供の場合

勉強に対する意欲や積極性がある子供でも、それぞれ能力的な部分は異なっています。

中には理解するまでに人よりも長く時間がかかってしまう子供もいます。

そういった子供の場合、予習は難しいものです。

予習以上に復習に時間がかかってしまって勉強の先取りができなくなってしまいます。

そんな子供の場合は偏差値の高すぎる中学の受験よりも、今の学力より少し高いくらいの中学を志望する方がいいでしょう。

その場合、今後の学習の計画が現実的で立てやすく、方向性がはっきりします。

偏差値が高すぎる中学を志望しても、そのための学習は本人の努力以上に大変でこなしきれない可能性がとても高いといえます。

志望校の選択ではそれぞれの子供の学力を考えて現実的に決めていかなければなりません。

また偏差値の高い中学に無理をして入学しても、その後の授業についていけなくなるというケースも多くあります。

無理をしたために中学校に入って苦労をし、授業についていけなくなるということにならないようにしたいものです。

 


sponserdlink

【話題】塾に通わず30日間で確実に成績が上がる勉強法


KxEQtNVbtcohaHr1438393276_1438393454 のコピー


sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ