受験のためにパートを辞める必要性

中学受験では小学生だけではなくその親も協力をしていかなければ厳しい中学受験を乗り越えていくことが難しいといえます。

偏差値の高い中学に挑戦するほど困難は必至です。

単に勉強をすればいいというわけではなく、精神的な厳しさを乗り越えていくことも受験では大切なことです。

むしろ気持ちの部分で強さを持っていく方が勉強を続けていくよりも困難ではないかと思います。

中学受験を予定している子供のお母さんで、パートの仕事を辞めようかと考える場合があります。

これについてはどう考えたらいいのでしょうか。

 

受験のために辞める必要はない

中学受験を受ける子供は忙しく、中には夜遅くまで学習塾で勉強をする場合があります。

難関校を受験する小学生の多くは睡眠時間を削って勉強をしなければなりません。

母親としても学習塾の送迎や精神的なサポートで肉体的にも精神的にもハードな日々を送ることになります。

今現在家計を支えるためにパートに出ているお母さんは多いと思いますが、中学受験を控えた子供のサポートのために今の仕事は辞めた方がいいのか、悩んでしまうケースがあります。

パートを辞めてしまえば時間ができるので子供のサポートが十分にできると考えられます。

実際には時間ができたところで大きな変化はありません。

夜遅くまでのパートをしている方以外は日中子供が学校に行っている間に働きますから特に問題はありません。

また夜に仕事をしている場合、辞めるよりも時間帯の変更をするくらいでいいのではないでしょうか。

パートの仕事は大変ですが、ストレスのはけ口にもなります。

中学受験では親も子供もストレスを感じてしまいます。

このストレスは何かで発散していかなければなりません。

そういった意味でパートはストレスを出す効果も期待できます。

ですからそのまま継続した方がいいでしょう。

 

必要なサポートだけで十分

中学受験のためには母親のサポートが大切ですが、常にそれをしていてはストレスで参ってしまいます。

子供が必要としているところだけをそっとサポートしてあげればいいのではないでしょうか。

母親として大切なことは子供の健康管理の方です。

ちょっとした体調の変化によって症状が出たり大きく体調が崩れるケースもあります。

体調が悪くなると受験勉強を控えなければならなくなってしまいます。

そうならないように体調が崩れないように食生活やストレスの点でいつも気を付けてあげるようにしてください。

 


sponserdlink

【話題】塾に通わず30日間で確実に成績が上がる勉強法


KxEQtNVbtcohaHr1438393276_1438393454 のコピー


sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ