中学受験直前の勉強

小学生の中学受験は初めての経験ですし、成長段階の年齢でハードな経験をしなければならず、ストレスや疲れも中学生以上ではないかと思いますが、特に緊張感の高まる受験直前にはどんな勉強をしたらいいのでしょうか。

受験勉強に取り組んでいる小学生本人でもどんな勉強を最後にしたらいいのかわからないと思うことでしょう。

実際にはこれまでの総仕上げを行っていき、またどの教科も毎日万遍なく復習を繰り返していく他にはありません。

くれぐれも偏った勉強をすることがないように気を付けなければなりません。

具体的にはどうしたらいいのでしょうか。

 

今までの復習をひたすら繰り返す

中学受験本番前になったら今まで学習した内容をひたすら繰り返し復習し、忘れないようにしていく他に勉強はありません。

新たに問題に取り組む、理解が不足している部分を集中的に勉強していくといった偏った勉強は避けなければなりません。

今まで学習した部分はちょっとしたことで忘れていってしまいます。

そうならないように万遍なく全て学習した部分を毎日見直し、忘れないようにしていく作業を繰り返した方が今までの努力を無駄にしないことになります。

ただ理解ができていなかった部分は、適度に時間を取って見直しをしてみるなどはいいでしょう。

算数に関しては問題練習に取り組まないと計算のスピードや問題を解く勘が鈍ってしまいますから、適度に問題をこなしていくといいでしょう。

その際には偏ることがないように気を付け、どの分野の問題も同じウェートで勉強をするように心掛けましょう。

 

長時間の勉強にならないように気を付ける

受験直前になったら体調管理の方に気を向けるべきです。

この段階ではもう全ての勉強を終えていないといけない状況です。

新たに何かに取り組むといったことは避けなければなりません。

また受験直前だからといっていつも以上に時間を取って勉強をしていくことはしないようにしてください。

普段以上に勉強をすると体が順応できずに体調を崩してしまう恐れがあります。

風邪を引いてしまうかもしれません。

風邪を引いて勉強に集中できないくらいだったら、短時間だけの勉強に留めておく方がまだ無駄がありません。

体調を崩すことがないように、いつもよりも少し短めに受験勉強をするようにしてください。

また受験勉強に意識が向きすぎて睡眠時間がいつもよりも少なくなるという状況も避けるようにしてください。

いつもと同じかそれ以上の睡眠時間を確保するように気を付けましょう。

 


sponserdlink

【話題】塾に通わず30日間で確実に成績が上がる勉強法


KxEQtNVbtcohaHr1438393276_1438393454 のコピー


sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ