塾帰りが遅い子供の睡眠について

小学生の中学受験でも高校受験と同様に勉強を長期にわたって行っていかなければ合格を獲得することができません。

中学受験を受ける多くの小学生が学習塾に通っています。

補習型や個人指導型、進学塾など様々な形態の塾に通っていますが、受験近くになってくると夜遅くまで勉強をしています。

体力に心配のある小学生が遅くまで勉強をすると体調を崩す恐れがあり、健康管理を十分に行っていかなければすぐに風邪を引いたりしてしまいます。

夜遅くまで塾で勉強をしていると睡眠時間にも影響が出てきます。

睡眠時間が短くなると日中に眠気が強く起こったりしてしまいます。

こんな時にどうしたらいいのでしょうか。

 

ちょっとした時間に寝るようにする

中学受験前にはどの生徒も睡眠時間が短くなったり、寝る時間が遅くなってしまいます。

こうなるとトータルの睡眠時間が短いので日中に眠気が出たり、学校での授業中に寝てしまうことになります。

学習塾での勉強は変更することができませんから、どこかで足りない睡眠時間を補っていくことが必要です。

そのまま何もしないでおくと集中力がなくなったり、勉強への悪影響が出て結果として良くない状況を作ってしまうことになります。

ですから望ましいのはどこかで寝る時間を確保することです。

ちょっとした睡眠時間でもいいので、日中に作るとトータルの睡眠時間は長くなります。

本来であれば夜の睡眠時間を長くすることが大切ですが、それが難しいのであればできるだけ日中に寝る時間を作っていくしかありません。

学校から帰ってきたらしばらく寝かせるといったことでもいいでしょう。

 

健康管理も十分に行っていく

睡眠時間が少なくなると体力もなくなっていくので、体調を崩してしまいます。

そうなるとちょっとしたことで疲れやすくなったり風邪を引いたりしてしまいます。

風邪を引くと勉強ができなくなってしまいますから、結果として時間の無駄になります。

こうなることがないように健康管理に気を付けていかなければなりません。

疲れやすくなったり、体が重くなってきたら要注意です。

こんな時には少し睡眠時間を確保するようにしてください。

あまり体調が良くなければ学習塾を休ませて寝るようにすることも大切です。

わずか1日程度の休憩は受験には大きく影響することはありません。

それよりも体調を崩して受験勉強が何日もできなくなる方がデメリットが大きいのではないでしょうか。

ちょっと休むことはその後の好影響につながることがあるのです。

 


sponserdlink

【話題】塾に通わず30日間で確実に成績が上がる勉強法


KxEQtNVbtcohaHr1438393276_1438393454 のコピー


sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ