無理な中学受験勉強で体調が崩れる

小学生は中学生や高校生に比べて体力がなく、ちょっとしたことで体調を大きく崩したりしてしまいがちです。

案外このことを理解していない方も多く、中学受験のための勉強で子供に無理をさせてしまう親も結構見られます。

小学生は体力があまりないことを十分に認識をして勉強に取り組むようにさせてほしいと思います。

中学受験の勉強中に小学生がなりがちな症状についてお伝えしたいと思います。

特に免疫力の低下はとても怖いものです。

体調管理はお母さんができればしてあげてほしいと思います。

 

体力低下によって病気になりやすい

受験勉強ではカロリーを消費し、また脳を多く使ってしまいます。

勉強に使用するカロリーは案外大きく、疲労感もかなりのものです。

脳を使うことは体力の消耗が激しく、体調を崩してしまうことも考えられます。

集中的に受験勉強をする夏場は体力の消耗が激しく、自律神経にも大きな影響を与えてしまいます。

夏を過ぎて秋になった時に疲れを感じたり、めまいを感じてしまうことも予想されます。

冬場では受験勉強のストレスや冬の寒さが重なって体力がなくなり、風邪を引いてしまうことがあります。

ですから親としては子供の健康をよく観察して、体調が悪くないかなどチェックをしてあげてください。

体調が悪い状態が長く続き、改善がされないという時には病院に行かせて診察を受けてください。

また体調がよくなるまで無理をさせず、受験勉強の時間も短縮させる、もしくは寝ながら勉強をさせるなどしてください。

くれぐれも子供に無理はさせないでください。

 

免疫力の低下が起こる場合もある

体力を酷使する受験勉強は免疫力の低下をもたらすこともあります。

体力が消耗され、またストレスなど精神的なダメージによって自律神経は大きく乱れます。

自律神経が不調を訴えるようになると免疫力の低下をもたらします。

そうなると風邪をはじめ様々な病気を引き起こしてしまうようになります。

風邪の他にはアレルギー症状、不眠などが起こる可能性もあります。

アレルギー症状が起こるとかゆみなどで勉強に集中できなくなります。

また不眠になると一層体力が低下し、集中して勉強に取り組むことができなくなってしまいます。

こういった種々の病気になることで、受験勉強にも大きな影響が出てきます。

無理に勉強をさせることは一層の体調不良を引き起こし、結果勉強ができなくなってしまうようになります。

ですから病気をしたら無理をさせないのが一番いいことなのです。

 


sponserdlink

【話題】塾に通わず30日間で確実に成績が上がる勉強法


KxEQtNVbtcohaHr1438393276_1438393454 のコピー


sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ