中学受験前にやる気がなくなったら

小学生で中学受験を経験する人も多くなってきており、そのための学習塾も多くなっています。

小学生から受験勉強をしなければならない時、急にやる気が失われることもよくあります。

何もやる気にならなかったり、成績が急に落ちたりすること場合があります。

そんな時親は不安になったり、叱ったりしてしまうこともあります。

実際にこういった状況になったら親としてはどんなことに注意をしたらいいのでしょうか。

 

急にやる気がなくなることはよくある

突然子供が何もやる気になれなくなったり、成績が悪くなってしまうというケースは案外よくあるものです。

ただ親としては中学受験にどうしても勝ってほしいので不安になったり時には怒ったりしてしまうこともあるでしょう。

気持ちとしてはよくわかりますが、そんな時にはもっと楽観的になってもいいものなのです。

今まで順調に勉強をしてきても集中力はそれほど長く継続しないものです。

むしろずっと継続していると精神的に負担が大きくなってしまい、知らない間にストレスで体が不調を訴えるようになってしまいます。

体は精神の負担を和らげるために一度休憩をさせるためにやる気をなくさせていると考えられます。

こんな時には一度思い切って気分転換を図るのが一番です。

思いっきり運動をさせてみるとか、自由にやりたいことをさせるなどして体を解放させてみることをお勧めします。

ストレス解消を図ると意外にまた集中力は戻ってくるものです。

親としてはあまり子供を責めないで、温かく見守ってあげる程度にした方がいいものです。

無理に怒ったり強制的に勉強させようとすると子供も一層ストレスを感じたり、大きな喧嘩になってしまいます。

 

リラックスをした後はまた勉強をするようになる

一旦休憩をしたらまた集中的に勉強を始めます。

親としては子供が体調を崩さないように気配りをしてあげてください。

子供の方も自分自身の体調について気づかない所もあるので、親の方で観察してあげるといいでしょう。

受験までには体も大きな負担を受けますし、風邪などをひいてしまうこともあります。

小学生にとって中学受験はかなり体には大きな負担となってしまうものです。

高校受験や大学受験よりも一層ストレスを感じてしまい、体調を大きく崩してしまいます。

ですから体調が悪い状態がしばらく続くようになったら、少し休憩をさせて体力が戻るようにしてあげてください。

体調が戻ったらまた勉強をさせるといいでしょう。

 


sponserdlink

【話題】塾に通わず30日間で確実に成績が上がる勉強法


KxEQtNVbtcohaHr1438393276_1438393454 のコピー


sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ