自宅で中学受験対策

受験というと高校受験や大学受験をイメージしますが、最近では小学生でも受験をする生徒が増えてきています。

中学受験のために受験勉強をする小学生は以前では少なったものですが、最近では私立の中学に進学する小学生も増えてきています。

中学受験のために受験勉強をしなければなりませんが、そのために学習塾や家庭教師を活用している家庭は多いといえます。

ただ家庭の財政状況によっては学習塾や家庭教師は利用しないで家庭で学習をして合格したところもあります。

できればコストをかけずに中学に合格してほしいものですが、どうやって家庭で受験勉強をしたらいいのか、その方法についてお伝えしたいと思います。

 

書店やネットで問題集を購入して勉強する

学習塾では塾独自のテキストや問題集を使用して授業を行っていきます。

家庭教師でも協会独自の教材を使うことが多くあります。

家庭で勉強をする際には学習塾の教材を使ったりすることはできないですが、書店やネットで問題集を購入して勉強することができます。

小学生の問題集についてはあまり学習塾と書店の一般のものとは違いが見られません。

書店で販売されている問題集の方が子供に合っていたということもあるので、書店で売られているものが悪いとは言えません。

一般の問題集を使って受験勉強をすることは全く問題ありません。

むしろコストを抑えることができます。

問題集は1回で終わりではなく、何度も繰り返しやって完璧に理解するまで使いこなす方が大切です。

また保護者の方は子供が取り組む問題集を一度自分で解いてみることをお勧めします。

そして子供がわからないところを丁寧に優しく教えてあげてください。

子供も親が一緒に勉強を取り組んでくれていると、やる気が出るものです。

 

親も参加して一緒に受験を乗り越える

自宅で問題集を解いて受験勉強をしていく方法での最も大きなメリットは家族が一緒になって受験勉強をする機会が作れるという点です。

学習塾や家庭教師に丸投げしたパターンでは、勉強は業者にお任せになってしまい、子供がどのように勉強に取り組んでいるのかわからないものです。

それに対して家庭で勉強するパターンでは常に子供の勉強の様子がわかります。

また家族も一緒になって勉強をすれば子供の受験に対するモチベーションが上がります。

受験勉強ではやる気がないと学習した内容の理解は進んでいかないものです。

受験勉強は塾などに頼らなくても家庭でも可能なのです。

 


sponserdlink

【話題】塾に通わず30日間で確実に成績が上がる勉強法


KxEQtNVbtcohaHr1438393276_1438393454 のコピー


sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ