中学受験と子供の意欲

小学生の中でも中学受験を受ける予定にしている子供は勉強をしなければならず、ストレスを抱えてしまうものです。

子供の親も同様に子供の勉強に対してイライラを感じたりしてしまうことが多くあります。

小学4年生の子供の場合、なかなか受験への意識が生まれないため、勉強をしたくないということが多いのではないかと思います。

子供が勉強への意欲を持っていない時、親としてはどのように接したらいいのか悩みがちです。

つい怒ったりしてしまう親もきっと多いことでしょう。

 

小学4年生ならまだ間に合う

小学4年生はまだ受験への意識もなくて当然といえます。

小学生で勉強漬けになるのは大変なことで、なかなか勉強をしたがらないのは当たり前といえます。

ですから親としても叱ったり注意をしてばかりというのは良くありません。

受験のためではなく、宿題などの時間は約束事として作り、その時間は勉強を一生懸命やる必要はあります。

ですが長時間机に向かって受験勉強を強いることは小学4年生の段階では避けたほうがいいでしょう。

子供がどうしても勉強をしたがらない場合にはあまり厳しく注意せず、思いっきり遊ばせてみるのもいいでしょう。

少しずつ勉強の時間を増やし、小学5年生になったら徐々に受験勉強をするようになる計画で見守ってあげる方がいいのではないでしょうか。

 

受験勉強は小学5年生から

受験勉強を意識した方がいいのでは小学5年生からです。

まだこの段階でも早い場合もありますが、徐々に勉強に対する意識が高まれば小学5年生から勉強をさせていくといいでしょう。

また小学5年生になっても受験勉強に本気になって取り組まない子供がいるケースも多くあります。

受験する中学のレベルによっても異なりますが、小学6年生になってから受験勉強をしても遅くないことも多くあります。

最も避けたいのは子供が勉強をしないということよりも、親が子供に勉強を強いることです。

子供が勉強をしていないと親はイライラするものです。

つい感情的になって子供にぶつけてしまいます。

子供の方も常に勉強のことで親に叱られると一層勉強への意欲をなくしてしまいます。

子供にはもっとおおらかな気持ちで接した方がかえっていい場合も多くあります。

受験勉強も本人のやる気がなければいくら怒ったり注意しても意味がありません。

それよりも親子関係を良くして、一緒になって勉強をするなど子供の勉強への意欲が高まるような工夫を考える方がいいのではないでしょうか。

 


sponserdlink

【話題】塾に通わず30日間で確実に成績が上がる勉強法


KxEQtNVbtcohaHr1438393276_1438393454 のコピー


sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ