中1で国語を独学で学習

高校受験のための勉強は思ったより長くかかるものですが、中学1年の時から高校受験を意識して勉強をしていくと3年になってもスムーズに対策ができてきて安心です。

中学1年の時でも高校受験のために学習塾や家庭教師を利用している生徒も多いですが、中には独学でやっていきたいと思っている中学生もいます。

本来は独学でやっていくのが自然な方法ですが、なかなか本人の意欲が出ないために何かに頼らないと難しいというケースが多くあります。

独学で勉強をしていく際に中学1年の段階ではどんなことをしていったらいいのでしょうか。

特に対策が立てにくい国語について考えてみたいと思います。

 

日ごろからの読書の習慣が基本

日常的に読書をしていると国語の能力が上がっていきますし、読解問題でも力を発揮することができます。

急に受験のための読書を始めても国語の成績がアップすることは難しいのではないかと思います。

やはり長年の読書の習慣によって国語の能力は少しずつアップしていくものです。

中学1年の段階では好きなだけ読書をしてみることをお勧めします。

特に受験のための読書というよりは趣味の読書という感じで、自分の興味のある本を沢山読んでいくようにしてください。

中学1年の段階ではとにかく読書の習慣を身に付けることが大切です。

本のジャンルに関係なく、好きなだけ本を読んでいくことで読書習慣が自然と身に付くものです。

読書は書店で購入したものを読むよりも、図書館に行って本を借りて読む方がいいでしょう。

図書館には数多くのジャンルの本が置かれています。

その中からできるだけ多くの本を読むようにしてください。

しかも図書館で本を借りれば無料ですから、コストもかかりません。

 

読書で漢字や読みの能力もアップ

読書をしていくと自然と漢字や読みの能力も上がっていくものです。

どうしてもわからない漢字などは調べて確認をしてください。

読書は読解力が身に付くだけではなく、漢字や読みの能力も向上させていきます。

今まで漢字や読みに自信がなかったという中学生は読書をあまりしてこなかったのもその原因ではないかと思います。

中学1年ではまだ受験までにかなりの時間がありますかが、この段階で読書をして能力アップに励んでください。

また時には音読の作業もしてみてください。

音読をすることによって読書のスピードもアップしますし、読解力を一層アップさせるために役立ちます。

時々でいいですから、音読にも力を入れてみてください。

 


sponserdlink

【話題】塾に通わず30日間で確実に成績が上がる勉強法


KxEQtNVbtcohaHr1438393276_1438393454 のコピー


sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ