子供の性格に合った家庭教師

家庭教師を依頼する場合には、家庭教師の会社に依頼したり大学で探してもらうなどの方法があります。

ただどちらにしても子供の性格に合った先生を選択しなければなりません。

家庭教師ではお互いの人間関係が良くなければ成績も伸びませんし、子供のやる気も失われてしまいます。

生徒の正確に合った先生についてお伝えしたいと思います。

自分の子供の性格を考えて、それに合った先生を見つけてみてください。

 

内気な子に合った先生について

内気で自分の意見を言うのをためらうような子供の場合、優しく話をしっかりと聞いてくれる先生が最も適しています。

内気な子供はなかなか心を開かないものです。

特に初めて会った先生には警戒をして話をしてくれないものです。

そういった子供の性格をわかってくれて、子供の方から徐々に話してくれるまで待ってくれるような先生が最も合っています。

自分の話ばかりしたがるような先生では一層子供の心も閉じてしまい、お互いの関係も良くなっていきません。

子供が話をしやすいのは優しい性格をした先生でしょう。

穏やかに話をしてくれる先生だと内気な子供でも話をしやすいものです。

家庭教師が説明する際にわかったかどうか子供の方がはっきり言ってくれないと指導もしにくいものですが、優しい先生なら子供も自分の意見を少しずつ言ってくれるようになるはずです。

 

明るくて活発な子供の場合

明るくて活発な子供は自分の意見をはっきりと伝える傾向にあります。

家庭教師の方としては自分の意見をきちんと言ってくれるのでわかりやすく指導もしやすいと思いますが、家庭教師も同じような性格だと案外うまくいかない時が出てきます。

明るくて活発な子供は落ち着きがない傾向にあります。

ですから家庭教師としては冷静で落ち着いた先生の方が向いています。

子供に落ち着きを持たせる、ブレーキのような効果を持った先生が指導をすれば子供も落ち着いて勉強をするようになってきます。

また先生の性格が子供と同じような性格だとお互いに話を聞かずに自分の言いたいことを言い合うだけで、会話にならないような場面も出てきてしまいます。

そういった点でも落ち着きがあって冷静さを持った先生の方がいいでしょう。

子供に合った家庭教師の先生の性格はそれぞれ異なっています。

受験に合格するためには家庭教師の性格も重要になってきます。

家庭教師を探すときにはつい時給の面ばかり気にしてしまいますが、教師の性格も重要なのです。

 


sponserdlink

【話題】塾に通わず30日間で確実に成績が上がる勉強法


KxEQtNVbtcohaHr1438393276_1438393454 のコピー


sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ