小学生の学習について

最近では中学受験のために学習塾に通ったり家庭教師に指導をしてもらっている小学生も多くなってきています。

中学受験がない場合には家庭教師や学習塾を利用した方がいいのかと思う保護者の方もいるのではないでしょうか。

中学生になると今まで学習したことがない英語や数学を勉強していかなければなりませんが、小学生の時点である程度の学力を維持して中学生になった方が苦労をしなくて済みます。

小学生ではどのような勉強をしていったらいいのでしょうか。

 

自分で勉強をする習慣をまず身に着ける

小学生の時点ではまず自分で勉強をしようという意欲を持ち、勉強をできるだけ毎日やっていく習慣を身に着けていくことが必要です。

勉強が習慣になれば中学生になっても勉強をするようになりますから、保護者の方も安心でしょう。

小学生ではまず勉強をする時間帯を決めて勉強をしていくといいでしょう。

それ以外の時間は自分の自由にしていいなど、メリハリをつけることで勉強に対する拒否反応もないものです。

勉強については基礎的な問題を多く解くといいでしょう。

簡単でも多くの問題を解いていくことによって、自分自身に自信がつき、やる気も出てくるものです。

難しい問題を解いてもやる気がなくなってしまいますし、自信がなかなかついていかないものです。

 

先取りで英語の学習塾などを利用する

英語は今では小学校でも学習をするようになっており、重要な科目になってきています。

英語は中学生になって本格的に勉強をしますが、できれば小学生の時点で始めた方が中学生になって苦労をすることがありません。

小学生で英語の勉強をするためには自学ではなかなか難しいでしょう。

学習塾や家庭教師に依頼した方が勉強もやりやすいものです。

学習塾では基礎的な所から学習をしていきます。

徐々に学習する所が増えていきますが、早く勉強をするために中学生の授業は復習になります。

中学生になると高校受験を考えなければなりませんが、小学生からの勉強によって十分な準備時間ができます。

学習塾ではなく個人的に指導してほしいという方は家庭教師がいいでしょう。

家庭教師は自分だけの先生で、自分の学力に合わせてカリキュラムが組まれます。

英語以外でも他の勉強ができますから、柔軟性があってお勧めです。

家庭教師は自宅に講師が来てくれるので、夜遅くに外出しなくてよく、防犯の面で不安に思う保護者の方でも安心でしょう。

ただコストがかかるのがデメリットといえます。

 


sponserdlink

【話題】塾に通わず30日間で確実に成績が上がる勉強法


KxEQtNVbtcohaHr1438393276_1438393454 のコピー


sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ