家庭教師採用のポイント

大学生や社会人の方で時給が高く仕事の環境がいいものを探している場合にお勧めしたいのが家庭教師です。

アルバイトの中には厳しい環境で働くものや時給が低いものも多くありますが、家庭教師は快適な環境の中で働くので人気の高い仕事となっています。

家庭教師として働きたい方はどのように仕事を取ったらいいのかについて教えたいと思います。

コツを知らないといつまでたっても家庭教師の連絡が来ませんから、覚えておいてください。

 

面接時の注意点について

家庭教師になるためには担当者と面談を行います。

多くの家庭教師の会社で行うものですが、この面談の際に勤務日や勤務日数、勤務地などについて担当者に伝えます。

また指導できる学年や科目についても聞かれます。

勤務日や勤務日数については、自分の働ける日を言いますが、あまり制限があると家庭教師の連絡は来にくくなります。

ある程度柔軟に対応しなければ家庭教師はできないものと認識しておくといいでしょう。

勤務の曜日によっては働けない時がたまにあるという場合も予想されます。

そんな時には指導日を後日に振りかえれば問題はありません。

勤務日数も多めに言っておきましょう。

他の家庭教師も勤務日数などで多目に伝えているものです。

あまり勤務日数が少ないと仕事が回ってくる可能性は低くなります。

勤務地についてはできる限り行けるところは伝えておくようにしましょう。

交通手段が車という方はできるだけ多くの範囲を回れると言っておくようにしましょう。

公共の交通機関での移動という方も、できるだけ広い範囲を動けると言っておくといいでしょう。

採用の話が来た時に、通えるかどうかを判断すればいいのです。

 

指導可能教科について

指導できる教科について担当者に聞かれますが、多少自信のない科目も指導が可能だと言っておきましょう。

特に中学生までの科目については、事前に勉強をしておけば何とか対応できるものです。

高校受験のための指導の場合でも、事前に確認をしておくことで指導の際にトラブルが発生することはありません。

また指導できる学年についてですが、高校受験までは特に問題はありません。

高校生の指導については理系数学や小論文などの依頼があります。

この場合には自分ができないものについては断っておくことが大切です。

難しい科目は事前に勉強していても対応できない場合もありますから、無理はしないようにしてください。

基本的に中学生までは全ての教科が指導可能と言っておきましょう。

 


sponserdlink

【話題】塾に通わず30日間で確実に成績が上がる勉強法


KxEQtNVbtcohaHr1438393276_1438393454 のコピー


sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ