長髪は薄毛になりやすい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

様々なサプリメントやシャンプーにこだわったり、髪に良いと言われる食事を積極的にしたりなど、発毛ケアにこだわっている人も多いです。このような人は、 ランキングや口コミサイトでも、育毛や発毛関連の情報をいつもチェックしていることが多いですよね。

しかし一方で、 「ハゲるかどうかは遺伝によって決まるから、どんなに気にしても意味がない」と諦めの境地に至っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際にはそんなこともないようです。薄毛は遺伝と思われがちですが、生活習慣も大いに関係しているからです。では、実際にどんな生活習慣が薄毛につながっているのでしょうか?

例えば長髪の人は薄毛になりやすいと言われています。どうしてかといえば、髪が長いと通気性が悪くなり頭皮によくないのです。

育毛 aga

そして、髪は長いよりも短い方が長く伸びようとする本来の力を後押ししてくれるのです。また、髪は長くなればなるほど重くなるため、それだけ毛根に負担をかけています。これが、ハゲの原因になってしまうのです。

そして長髪の人のほかに、パソコンやゲームばかりしているという人も薄毛になってしまう危険があります。なぜかといえば、目を酷使すると血行を悪くし、また肩こりにまでつながってしまうのです。これが栄養を消費してしまい頭皮に行き渡る分の栄養も供給されず、ハゲの原因になってしまうのです。

このことは、上海の医師による脱毛の男性の調査でも明らかになっており、 これによれば長時間インターネットをしたり、ゲームをしたりしている人ほどハゲやすいようです。

お酒ばかり飲んでいる人は薄毛になりやすいのだとか。お酒は、アルコールを含んでいますが、このアルコールはアセトアルデヒドに分解されます。

このアセトアルデヒドは、血中で酸素、そして栄養素を消耗させてしまうのです。ですから、アルコールをとればとるほど、頭皮に供給される栄養が少なくなってしまうのです。

しかし、全く悪いと言うわけではなく適量をとる分には血行をよくし、またストレスを解消、食欲を増すなど、発毛にとっても良い効果を得ることもできます。

香辛料の摂りすぎや整髪料のつけ過ぎも良くないです。整髪料は、地肌にもついてしまうため、毛穴の詰まり、頭皮の代謝をさまたげてしまうことにもつながっているのです。

このように普段何気なくしている生活習慣が実は発毛に関するリスクを高めていたのです。育毛を考えるなら、自分の生活習慣を見直すといいかもしれません。

>>育毛剤ランキングはコチラ



WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'



  sposerdlink
  • このエントリーをはてなブックマークに追加