薄毛の原因とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛は、古くから多くの男性を悩ませてきました。

実際、紀元前の古代エジプトの時代にはすでに薄毛の治療を試みていたという記述も存在します。

現代でも、育毛というテーマに敏感になっている男性は多いと思いますし、最近では、男性だけでなく女性も薄毛に悩んでいる方が多くいるということがわかってきました。

このように古今東西、男女問わず、人々を悩ませてきた薄毛ですが、その原因についてはいまだに正しい理解がされていない部分もあります。

間違ったケアをしていたために、かえって薄毛が進行してしまったなんてこともあり得ますから、薄毛について正しく理解することは必要なことです。

では、薄毛になる原因としては、どのようなものがあるのでしょうか。

はげ aga

まず、男性ホルモンが要因となる場合です。男性ホルモンは壮年期になるにつれて減少していくのですが、それによって、男性ホルモンの一種であるテストステロンがジヒドロテストステロンというホルモンに変質し、減少した男性ホルモンを補おうとします。

このジヒドロテストステロンには発毛を抑制する働きがあり、これこそが薄毛の原因なのです。

ジヒドロテストステロンは、テストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きを受けて変化するものですが、この5αリダクターゼが生成されやすいかどうかは遺伝によって左右されています。

このことから、薄毛は遺伝的なものであるということが多くの方に知られるようになりました。

しかしながら、薄毛の原因はこうした先天的な要因だけではありません。生活習慣などの後天的な要因によって引き起こされる場合もあるのです。

不規則な生活や偏りがちな食生活、過度の飲酒、喫煙は薄毛の原因であり、薄毛に悩んでいる方でこうした習慣のある場合は、自身の生活習慣を見直す必要があるでしょう。

また、ストレスも薄毛を引き起こすので注意が必要です。

以上のように、薄毛の原因には様々なものがありますが、厄介なのが間違ったケアをしてしまっている場合です。

本人としては薄毛の予防になると思ってやっていることが、実は、頭皮をさらに傷つける結果となっているということが多々あります。

こうしたケースでは、自分では良いと思っているわけですから、なかなかやめることができず、気付いた時には薄毛が進行してしまっていたということにもなりかねません。

なので、自分のしているケアが本当に有効なものなのか、インターネットなどを活用して調べてみると良いでしょう。

>>育毛剤ランキングはコチラ



WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'



  sposerdlink
  • このエントリーをはてなブックマークに追加