シリコンシャンプーは薄毛の原因?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛に悩んでいる女性のなかには、

食事やサプリメントなどに気を使っている方もいるでしょう。

このように育毛に効果があるサプリメントやはお食事などは、

多くのランキングやクチコミサイトで紹介されており、

さまざまのものを試している方がいます。

その中でも大事なものの1つはシャンプー。

適切なをシャンプー選び、

きちんと毎日の洗髪を正しい方法で行うことが、

女性の育毛にとっても大事なキーポイントなのです。

近頃、女性の間でノンシリコンシャンプーが人気ですよね。

一昔前は多くのシャンプーにシリコンが入っていました。

このシリコンは髪のツヤツヤにしててくれるなどの効果があるものの、

現在では、髪や頭皮によくないものとして、敬遠される傾向にあります。

特にアルコール系のシャンプーはではラウレス硫酸ナトリウムなどの

洗浄成分を含んでおり、洗髪した後の髪のきしみを生み出していたのです。

このきしみを軽減するのような効果を髪にもたらしてくれるのが

シリコンの役割でした。

育毛 亜鉛

シリコンがシャンプーに入っていると強い洗浄成分から髪を守れるのですが、

頭皮の毛穴をふさいだり、キューティクルを傷つけたりします。

一見、髪がツヤツヤになるので、髪に良いように思えるのですが、

毛穴を塞ぐことは、薄毛、また抜け毛を引き起こす大きな要因になります。

また、その他にも、ツヤを増す一方でキューティクルを壊してしまったり、

また髪の内部にも栄養成分が届きにくくなってきます。

このようなことから近年では、

ノンシリコンを売りにしたシャンプーが増えてきました。

近年ではシリコン入りのシャンプーはよくないものというイメージが

浸透してきたのです。

しかし、シリコンがなければ育毛効果があるかというと、

一概にそうとは言えません。

ただ育毛を望むなら、シリコンを入れなければいけないほど洗浄力の

強いシャンプーを使わない方がいいです。

シリコンそのものではなく、シリコンが入っている原因である、

髪をきしませてしまうラウレス硫酸ナトリウムが、

そもそも育毛にとってはマイナスなのです。

やはり、育毛効果があるシャンプーを選んだほうがよいでしょう。

アミノ酸系のシャンプーがよく育毛効果があるシャンプーとして使われています。

このようなものは、なめらかさには欠けますが、

きしみの点ではそれほど気にならずやさしく洗いあげてくれますので、

育毛をしたいと考えている女性にも最適なシャンプーといいます。

シャンプーを選ぶ際にはシリコン入りかそうでないかだけではなく、

その他の成分のことも考えて総合的に選択することが大事です。

>>育毛剤ランキングはコチラ



WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'



  sposerdlink
  • このエントリーをはてなブックマークに追加