理想のクラス運営をするためには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保育士は、人気の職種である一方で、多くの苦労も伴います。保育士求人サイトや人気のナビサイト、また、口コミサイトなど、多くの情報を集めて、保育士としての第一歩を踏み出したいと考えている人にとって、このような現役の保育士の方の苦労話を聞くことは、参考になりますよね。

この、現役の保育士の方が悩んでいることの1つに、保育園でのクラスがあります。このクラス名は、子供たちに、落ち着きがない、あるいは、話を聞かずに動き回っていたり、行儀が悪い、私などに関するお悩みを持っている方が多いです。

保育士の方は、自分のクラスは、このように落ち着きがなく、自分のクラス運営の能力が足りないのではないか、と悩んでいる方も多いようなのです。

特に、優しい先生も、このようなクラス運営がうまくいかないといったようなことが起こると、自分が厳しくしないのが悪いのではないかと逆に、厳しく叱り付けてしまったりしがち。それがまた、悩みの種なったりもするのです。

子供たちに厳しく接するべきなのか、あるいは、優しくするべきなのかという問題には、一概に答えは出ません。ただ、 1つ言えるのは、厳しくなければならない場面もあり、その前提として、きちんと子供たちと信頼関係を作っているということが大事です。

保育士 求人

そういったことがきちんとできていれば、厳しくしても、子供たちが言うこと聞いてくれるようになるでしょう。

また、そもそも、保育士さんの中には、このようなクラス運営に関してはどうしても神経質になりがちです。たとえば自分のクラスとほかの保育士さんのクラスをくらべてしまい、ますます落ち込んでしまいがち。しかし、このような事しても、良い事はないものです。悪い面にばかり目をむけるより、自分のクラスのよいところを見つめてあげましょう。

しかし、指導に一貫性をもつ、ということも大事です。その時々で、場当たり的に、あるいは気分に従って子供たちに接していては子供は混乱してしまい、また、厳しくしつけようとしても、優しくしてもなめられてしまうことになります。

ですので、甘えてきても毅然とした対応を取るのも時には必要です。このように、しっかりと筋の通った指導をしなければ、子供たちの心をつかむことができないのです。

また、なんでもかんでも指示するだけではなく、ときには自分で考えさせる、という時間を作ることも大事なのです。

このようにさまざまな工夫をすることで、より、理想に近いクラス運営ができるようになるでしょう。

チェック★保育士求人サイト



sponserdlink


sponserdlink
  • このエントリーをはてなブックマークに追加