保育士としての仕事のやりがい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保育士になりたくてさまざまな口コミサイトやナビサイト、人気の保育士求人サイトなどをチェックしている方も多いのではでしょうか? このように、多くの方がなりたいと考えている保育士ですが、非常に苦労する職業だという事はご存知の通り。子供と接することを喜びも多い反面、ストレスも溜まりますし、保護者の対応にも苦労することが多いです。

またその他には、とにかく時間がなく、持ち帰り仕事をしなければならず、残業代さえ出ないような職場も多いのです。

しかし、逆に保育士の仕事をしていて得したということもよくあります。

例えば、毎日感動することができる、ということが大きなポイントです。それは工作を上手にできるようになってきたり、文章力が高まってきたり、日々子供の成長を実感することができるというのは、保育にしかでき保育士に入るしかできない大きな喜びではないでしょうか。

また、常に子供と接することで、人としての成長をすることもできます。このように、毎日子供たちに囲まれて大きな喜びを得ることができるのが、保育士の仕事の利点といえます。そして、子供は大人が当たり前と考えていて目を向けないことにも、好奇心を示します。花が咲いたことや、風が気持ちいいことなど、大人との見過ごしてお仕事していれば全く気にかけないようなことに、素直に感動するのが子供。このような子供の発見に、大人も大切なことを教えられる、と実感している保育士さんが多いのです。

保育士 英語

このように、ついつい日々の忙しさの中で忘れがちなこと思い出させてくれる、というのも、保育士の仕事で得られるメリットと言えます。

また、大抵の子供は、保育園の周辺の地域の学校に進学しますので小学生になったり中学生になったタイミングで、挨拶に来てくれたりといったこともあります。また、学校のボランティアなどで出身保育園に来てくれた時などもあります。このように、卒園後も、子供の成長を見守り続けることができるというのも、保育園で働くことの大きな喜びです。

また、保護者というのは保育士にとっては、非常に怖い存在であることの反面、やはり、しっかり仕事をしていれば、そのことをちゃんと認めてくれるものです。

例えば、「うちの子はなかなか寝付きが悪かったのに、先生がきちんと寝かしつけてくれたおかげで、早く寝てくれるようになった」と言ってくれる保護者や、「あなたみたいなしっかりした先生がいるので、安心して預けることができた」などと、誉めてくれる保護者もいるようです。

チェック★保育士求人サイト



sponserdlink


sponserdlink
  • このエントリーをはてなブックマークに追加