保育士の適正

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まず何よりも、「子どもの面倒をみることが苦にならない」ことです。

保育士の仕事というのは子どもの面倒もみることが全てではありませんが、それこそが根幹であり、最も重要なことになります。

それを踏まえ、以下の10個の項目のうち、自分にいくつ当てはまるか考えてみてください。

保育士 アプリ

子どもの目線で考えられる。

子どもの気持ちが分からなければ、子どもとのコミュニケーションはとれません。

昔はどうだったか思い出して、子どもの気持ちになりましょう。

絵や工作が得意。

イメージした通りに絵を描いたり物を作ることは、必要とされるシーンが多くあります。

七夕やクリスマス会など、ベント用の飾りを作ったり絵を描いたりするお仕事は、保育園にはたくさんあります。

またこれが得意な保育士は、子どもにも好かれることでしょう。

ピアノや楽器の弾き語りができる。

子どもは音楽で遊ぶことが大好きです。

絵や工作同様、楽器のスキルも子どもに人気があります。

相手の年齢に関係なく、人と接することが好き。

同じ職場の保育士や、保護者との関わりも非常に大切です。

子ども相手だけではなく、大人相手のコミュニケーション能力も問われます。

人に感謝されることが嬉しい。

保育士は子どもや保護者にとって必要な仕事です。

常に接している子どもは勿論、保護者にも感謝されることでしょう。

遊びを考え出すのが得意。

屋内・屋外ともに、遊びに色々なアイディアを加えて子ども達を楽しませる必要があります。

「しつけ」に関することでも、遊びに絡めると楽しんで覚えてくれる子どもはたくさんいます。

相手の気持ちを想像することができる。

福祉の仕事をする上で、相手への思いやりは必要不可欠です。

大きな声でわかりやすく話せる。

ボソボソした喋り方で理解することや、大人同士のように言外の意味を察することは、子どもにはできません。

大きな声で、わかりやすい話し方をすることが一番です。

人に伝える努力を惜しまない。

まっ更な子どもに物事を教えるには、何度も根気よく接することが重要です。

途中で放棄せず、子どもにも伝わるまで努力を続けることは、とても大切なことだと思います。

優しそうな雰囲気がある。

いつも笑顔でハキハキ喋る。

そんな雰囲気の人になら、人見知りがちな子どもも話しかけやすいでしょう。

子どもは案外、大人の表情をよく見ています。

チェック★保育士求人サイト



sponserdlink


sponserdlink
  • このエントリーをはてなブックマークに追加