保育士試験の傾向について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性でもなれるようになってきて、人気が出てきているように思われる保育士求人ですが、保育士求人に応募するためには保育士の免許を持っていなければならないのですが、これは国家試験を受けるパターンと卒業と同時に取得できるパターンがあります。

保育士を養成する大学や専門学校に通学すれば卒業と同時に資格を取ることができますが、それ以外の場合には保育士の国家試験を受験しなければなりません。

この国家試験についてですが、今後受ける方のために傾向についてお伝えしたいと思います。

受験傾向について

保育士の国家試験はいくつかの試験内容があります。

社会福祉や発達心理学などがありますが、どの範囲からも万遍なく出題されています。

これは毎年の傾向ですから、どの教科についてもきちんと勉強をしておかなければなりません。

教科によって得意不得意があると思います。

自分にとって理解に時間がかかる教科については早い段階からじっくりと学習を進めていくようにしましょう。

学習を進めていくうちにある程度理解ができた段階から過去問を解いていくようにしましょう。

過去問を解いていくうちに試験の傾向について理解できるようになってきますし、自分の苦手な教科が明らかになってきます。

過去問は一度解いたら終わりではなく、何度も繰り返し解答をしていくうちにより一層理解が深まっていきます。

保育士 エプロン

通信教育を利用する方法もお勧め

独学で勉強をしている方も、また学校に行って勉強をしている方も、どちらも学習を進めていくうちになかなか理解できない箇所が多く出てくることがあります。

わからないところは一度置いておき、しばらくして再度学習すると理解できているということもあります。

何度もテキストを確認したりしてもわからない場合には、そのままにしておくのもいいかもしれません。

保育士の国家試験のための勉強もあまり長くなってしまうとモチベーションを維持していくことは難しくなってきます。

通信教育を利用すると上手にまとめられたテキストを使用することができますし、最短で学習を進めていくことができます。

テキストと一緒に動画を見ることで学習を深めていくことが可能です。

通信教育では、自分のわからない箇所をメールで質問したりすることができます。

こういった大きなメリットがあるため、学習がうまく進んでいかないと悩んでいる方は通信教育をやってみるのもいいのではないかと思います。

費用も高くないのでお勧めです。

チェック★保育士求人サイト



sponserdlink


sponserdlink
  • このエントリーをはてなブックマークに追加