保育士にとって望ましい身だしなみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近では男性も増えてきた人気の保育士ですが、

今後保育士になりたいと考えている方に

知っておいてほしいこととして

保育士として望ましい格好についてです。

社会人になると髪型や服装でその人の品格を問われることもあり、

きちんとした身だしなみが求められます。

ただし、保育士の場合は、

望ましい格好が漠然としていて、

わかりにくいのではないでしょうか。

今後保育士求人から就職をしていくにあたって、

どうしても確認しておかなければならない点です。

保育士 給料

望ましい服装とは?

保育士は普段園児と遊んだり活動をします。

時には泥んこ遊びなどをしますから、

当然汚れます。

汚れない日の方が少ないくらいではないか、

と思われるほどです。

そのため、

スーツなどを着ることはありえません。

保育士として望ましい服装とは、

どういったものなのでしょうか。

一般的にはジャージを着る保育士が多いはずです。

ジャージなら汚れてもいいですし、

洗濯も簡単です。

ジャージは何となく印象が悪いかもしれないということで、

ジーンズを着ている方もいるかもしれません。

保育士としてはジャージでも、

全く問題はありません。

ただあまり印象が悪くなるようなデザインのものは、

避けるようにしたいものです。

下はジャージ、上はパーカーなどでもいいでしょう。

あくまでも派手になりすぎず、

優しい雰囲気を抱かせるような

服装になっていればいいのではないでしょうか。

ネイルは厳禁

おしゃれのためにネイルをしている方がいますが、

保育士は子供の手本とならなければいけないため、

ネイルは厳禁です。

ネイルをしながら保育士の仕事をしていると、

割れたり折れたりすることでしょう。

安全の面でも、避けた方が無難です。

ヘアスタイルについて

髪型は人によって大きく印象が変わります。

保育士だから髪を染めるべきではないとは言いませんが、

あまり派手になったり、

清潔感がないような状態になるのは止めておくべきでしょう。

あまり明るくならず、

清潔感を感じさせるような明るさだったら問題はありません。

ヘアスタイルですが、

パーマをしていても問題はありません。

保育士として働いている間、

髪は時には邪魔になることでしょう。

そのため勤務中は

髪をまとめておくと邪魔になりません。

ですからパーマをしていても、

髪が長くても問題はありません。

ただ見た目の印象が悪くなるような髪型は

避けた方がいいでしょう。

園児にとって、

「優しい先生」という印象が持たれる髪型が基本です。

東京都品川区の美容室のサロン情報

チェック★保育士求人サイト



sponserdlink


sponserdlink
  • このエントリーをはてなブックマークに追加