結婚して新しい街で保育園の求人を保育士求人情報サイトで探す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の好きなことを活かすことができる仕事に就くことが、どんなに大変な場面に直面しても乗り越えられる、そんな気がしていました。

好きなことと仕事は連結しないほうがいい、そういう考え方もあるかもしれませんが、私は自分が保育園で過ごした時間が、今の自分を作り上げているひとつだと思っています。

大きな家族みたいな感じだったんですね。

うちは父と母が働いていたので、私は生まれて三ヵ月後には保育園に通っていました。

もちろんそのころの記憶はありませんが(笑)、小学校にあがるまで、朝から夕方まで、一緒に遊んで、一緒にご飯を食べて、遊びつかれてお昼寝タイムで川の字、じゃ足りないですね。

みんな横になってゴロゴロすやすや寝ている時間も至福のときだったと思っています。

きっとあのころ色んな子供たちとゴロゴロ昼寝をしたり賑やかに過ごしたことが、アウトドア好きな私になったきっかけだったのでしょうか。

そんな保育園時代にお世話になった先生の1人と、実はずっと付き合いがあったんです。

その先生とうちの母が同級生だったんです。

色んな話を聞いているうちに、自分も先生みたいになりたいな、と憧れる気持ちが徐々に大きくなっていきました。私が保育士になるきっかけになったのが先生です。

保育士 イメージ

そして今、お付き合いしている人となんとなく結婚を意識していて、もちろんまだお互いに結婚という言葉を口にしているわけではないのですが、雰囲気というか、年齢的にもそろそろかな・・・、という雰囲気がお互いの中に漂っていて、もしも本当に結婚となると今勤めている保育園を辞めなければいけないな、と漠然と考えています。

同じ県内なんですが、彼が暮らす街に引っ越すことを考えると、今の保育園に通うのが難しいんです。

彼の仕事の関係上、彼が私のところに引っ越すことは難しいので、保育士の資格がある私が彼の住む町に引っ越して、そこで新しい勤め先となる保育園を見つけること、これが最良なのかな、と。

気が早い、と笑われそうですが、もしも彼との結婚が決まって私が引っ越すことになると、彼が暮らす街に私が働く場はあるのかどうかが気になりました。

そこで、求人情報はネットを使うと手っ取り早く見つけることができるという口コミを見ていたので、保育士求人に関するサイトをすぐに探しました。

すごいですね、本当に保育士の求人情報だけを掲載していたんです。

これなら拘りたい項目を選んでクリックすれば、知りたい情報をほんの数秒で表示させることができる、本当に便利です。

近い将来、本当に保育士求人情報サイトを利用する日がくるのかなあ。

チェック★保育士求人サイト



sponserdlink


sponserdlink
  • このエントリーをはてなブックマークに追加