保育士の仕事上でのトラブル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保育士求人サイトなどで、

保育士の仕事を探している方も多いでしょう。

この人気の職業・保育士の仕事を始めるには、

よい職場を探すことのほかに、

保育士の職場で起こりがちなトラブルをあらかじめ、

しっかりと調べて、あらかじめ心の準備をしておくことも必要です。

たとえば、保護者産の対応は、

多くの保育士の方が「大変」という業務のひとつです。

保育士はどうしてもこども相手の仕事というイメージがありますが、

実際に仕事をしていると、保護者さん相手の仕事である、

ということを悟る方も多いです。

保育士 アイテム

とくに、保護者さんからクレームだったり、

クレームめいたご意見をいただくことも多く、

精神的な圧迫もあって、そのような場面では疲れてしまいますよね。

このようなときに、もっとも重要な対応のコツとしては、

どのようなことがあるでしょうか?

まずは、相手が本当に言いたいこと、つまり、話のテーマは何か、

ということをつかむことが、何よりも大事です。

そうすることで、相手の要望を把握することができるのです。

保護者の方も、しっかりと簡潔に、

自分の言い分を表現できる方ばかりではありません。

そのため、まずは的確に相手の言い分をつかむ、

というのが大事なのです。

そして、その他には、脅し文句のような言い方で、

「訴える」「弁償しろ」などと圧迫を加えてくる

保護者の方もいます。

立場の弱さからついつい、

このような言い方に屈してしまいがちなのですが、

しかし、ここで相手の脅しに屈して、要求を丸呑みしてはいけません。

このようなときには、自分ひとりで対応するのではなく、

必ず園長や上司、そして職場の先輩などを呼んで一緒に話をきき、

不用意な対応をとらないようにしましょう。

また、そのほかには複数の子供が絡む問題が起こったとき、

どちらかの子供や、どちらかの保護者の一方の言い分のみを

鵜呑みにしない、ということも大切です。

すべての子供、すべての保護者に公平に、

中立の立場で接するようにしなけば、あとあと、

さらなるトラブルが起こることにもり、あるいは、

あなた自身の責任問題になってしまうこともあるのです。

保護者というのは、

どうしても自分の子供をひいきにしてしまうものです。

しかし、トラブルがあったときに「公平に接する」という原則を

忘れてしまっていると、たまたま早い段階が連絡のとれた保護者や、

あるいは、押しの強い保護者に一方的に有利な判断を

保育士がしてしまったりあるいは、

有利な状況をつくるとこに加担してしまいかねません。

チェック★保育士求人サイト



sponserdlink


sponserdlink
  • このエントリーをはてなブックマークに追加