子ども(赤ちゃん)でもパスポートは必要?

 

国内旅行ではなく、海外旅行ですので当然パスポートが必要です。

私は既に持っていましたが、妻は期限切れだったので更新しました。

1歳の息子ですが、いくら赤ちゃんとはいえ当然パスポートは必要です。

生まれてすぐの赤ちゃんでもパスポートは必要になります。

 

パスポート

 

パスポート取得のために必要な書類

 

パスポートを取得するために必要な書類はこちらです。

 

●一般旅券発給申請書 1通

これはパスポートを申請する窓口で貰えます。

有効期限は5年、10年の2種類ありますが、20歳未満の場合は5年のものしか申請出来ません。

 

●戸籍謄本、または抄本 1通

本籍から取り寄せる必要があります。

作成から6ヶ月以内のものが必要になります。

 

●住民票 1通

本籍の入った住民票で、作成から6ヶ月以内のものが必要です。

 

●写真 1枚

パスポートで利用される写真です。

縦4.5センチ、横3.5センチで6ヶ月以内に撮影されたもの。

裏面に、申請者の名前を記入する必要があります。

※写真については下記で詳しくご説明します

 

●身元確認書類

15歳未満の場合は、子どもの名前が記載されている健康保険証と、子どもの名前が記載されている母子手帳、または法定代理人(親権者)の身元が確認出来る書類(免許証やパスポートなど)が必要です。

ただし、子どもの身元確認に必要な書類は、都道府県によって異なる場合があるようなので、事前に電話なので確認しておきましょう。

 

●未使用の郵送はがき 1枚

宛先に住民票に記載されている申請者の住所と名前を記入しておきます。

 

 

赤ちゃんの証明写真について

 

子ども、赤ちゃんの証明写真が必要になります。

証明写真を撮る機械(700円くらい)がありますので、それで撮ってももちろんOKですが、自分たちで撮影した写真でも可能です。

ただし、自分たちで準備する場合はいくつか注意すべきところがあります。

背景は白無地で少しでも模様や映り込んでいるものがあれば不可です。

髪の毛が顔にかかっていてはいけません。

当然帽子や大きな髪飾りも不可です。

 

首のすわっていない赤ちゃんであれば大きな白生地を引き、寝転ばせて写真を撮ってもOKです。

しかし、ちゃんと前を向いて目線がカメラに向いていないといけないので注意して下さい。

 

息子はもう座れましたので妻がイスに座らせて何度か挑戦したのですが、真っすぐに座らなかったり横を向いたり、影がどうしても出来てしまったりで何度挑戦してもうまくいきませんでした。

なので諦めてフォトスタジオで撮ってもらいました。

費用は約3,000円と普通の証明写真よりも高くつきましたが、時間や苦労を考えるとフォトスタジオもオススメ出来ます。

 


【オススメ】海外で使えるプリペイドカード
海外でも利用出来るキャッシュパスポートはお金を持ち歩かなくても安心して買い物ができるプリペイドカードです。
海外旅行に行かれる時は、非常に便利なので利用された方が良いですよ!本当に便利でオススメです!




sponserdlink

コメントは受け付けていません。