年間を通じて温度変化があまりなく、年の平均気温が大体26℃前後というグアムは、1年中泳ぐことが可能な常夏のリゾートです。

四季は存在せず、11~5月が乾季、6~10月が雨季。

雨季には一般的にスコールと呼ばれるにわか雨が非常に振り、湿度も高くなりますが、雨雲の後には、スカーっと照りつける日差しが戻ります。

年中、とにかく日差しが強烈で、サングラスと日焼け止め、子供のラッシュガードは必ず必要です。

ビーチ&プール遊び、マリンスポーツなどのアクティビティは、気温が上昇する午後は回避して、午前中に行いましょう。

一方、レストランやスーパーなど冷房がきつい所が非常に多いので、上に羽織るパーカー、カーディガンは必ず必要です。

 

子連れグアムのホテル選び

グアムのリゾートエリアは、タモンとタムニング。

タモンは、グアムで一番煌びやかなエリアで、通称ホテルロード沿いにホテルが建ち並び、ショッピングセンターやレストラン、アミューズメント施設などがたくさんあります。

タムニングは、タモンに比較すると静かで落ち着いたイメージ。

2種のエリアは車で5~10分、主要ホテルとショッピングエリアを結ぶシャトルバスも出ています。

子連れで行くグアムは、ホテルのプールやビーチ遊びがほとんどになるので、リゾートが満喫できるホテルチョイスが重要です。

目の前はビーチでプールが広大で、客室のバスルームにはハンドシャワーが。

日本語が話せるサービスやキッズプログラムなどの施設、サービスにも重点を置きたいです。

タモンの中心にあるする高級リゾートのハイアット・リージェンシーとアウトリガーは、夜のタモン散歩にも最適な好立地です。

少し静かな環境を希望するなら、タモンの端にあるニッコーとヒルトン。

そして、めいいっぱい遊ぶというご家族には、大規模なアクティビティが自慢のパシフィック・アイランド・クラブ。

タムニングのオンワードにもウォーターパークが常設され、ホテル前のビーチでは、マリンスポーツもエンジョイできます。

グアムの代表的なアクティビティ、マリンスポーツ。

ジェットスキーにバナナボート、シュノーケリングなど、マリンスポーツが全て一気に楽しめるプライベートビーチツアーが大好評となっています。

しかし、それぞれのアクティビティ参加には年齢の制限が設けられており、小さな子供が長時間拘束されるのも心配なもの。

やはり、小学校入学前の子供たちには、ホテルのプールやビーチでの砂遊びが快適ですよね。


【オススメ】海外で使えるプリペイドカード
海外でも利用出来るキャッシュパスポートはお金を持ち歩かなくても安心して買い物ができるプリペイドカードです。
海外旅行に行かれる時は、非常に便利なので利用された方が良いですよ!本当に便利でオススメです!




sponserdlink

コメントは受け付けていません。