飛行機について

赤ちゃん連れのグアム旅行は、フライト時間が少ないので非常にお薦めです。

子育てのために海外旅行を遠慮しなくても、赤ちゃん連れであっても、周りの人に迷惑をかけずに楽しむにはどういう工夫が必要なのか、気を付ければ、楽しめる旅行です。

グアム旅行はツアーで行くのが一般的と思われているかもしれませんが、個人手配して旅の行でしたら飛行機のシートでもベビーベットが用意された場所の予約をすることが可能です。

ツアー利用の人でも、きついかな…思っても赤ちゃんと一緒だという事を旅行社から航空会社に連絡してもらうようにお願いしておきましょう。

ツアー会社のケースだとリクエストは通りにくいですが、元々ダメだと思って、リクエストしておけば、通過するケースもあるようです。

航空会社にも、個人手配旅行のケースで子供のシートを確保した場合には、キッズミールの予約は必ず必要ですが、ツアー利用のケースであっても、赤ちゃんといっしょのケースにはベービーフードを準備して頂ける事もありますので、一度旅行会社に依頼しておきましょう。

 

ホテルについて

グアム旅行で赤ちゃん連れのケースだとホテルチョイスの基準は、赤ちゃんにも親にも負担が発生せずに楽しむということを基準に考えなければいけません。

グアムに到着したら、ホテル内でまったりステイして楽しむ方でしたら、ホテルはタモン地区ではないシェラトンラグーナ グアムリゾートやオンワードビーチリゾート、レオパレスリゾートでも大丈夫でしょう。

ですが、たとえ赤ちゃんと同伴のグアム旅行であってもDFSギャラリアやKマート、タモンサンズプラザ、マイクロネシアモールの買い物を中心に楽しみたい方でしたら、ホテルはやはりタモンの中心街にすることをオススメします。

ベビーカーをグアムに到着してからからレンタルして、タモンのホテルロードを散策するのもオススメなのですが、気温が高く湿気も多いグアムでは小さな子連れの長時間の外出は避けた方が良いかと思われます。

ショッピングのための赤いシャトルバスもベビーカーの利用の場合には、ベビーカーをたたんで赤ちゃんを抱いてしか利用出来ません。

DFSギャラリアに行く時でも、無料利用できるタクシーは現在利用しずらいので、赤いシャトルバスやギャラリアのショッピングバスの利用になるかと思われます。

やはりベビーカーは仕舞い、赤ちゃんは抱いての移動が最適です。


【オススメ】海外で使えるプリペイドカード
海外でも利用出来るキャッシュパスポートはお金を持ち歩かなくても安心して買い物ができるプリペイドカードです。
海外旅行に行かれる時は、非常に便利なので利用された方が良いですよ!本当に便利でオススメです!




sponserdlink

コメントは受け付けていません。