子連れ海外旅行デビューの定番として評判のグアムで、ユナイテッド航空を利用した際の体験を紹介していきます。

 

ユナイテッド航空をチョイスした理由

成田・グアム便を利用したのは2014年10月、当時長男が1歳半でした。

元々、子連れフライトであれば日系エアラインをチョイスしたかったのですが、最終目的地がユナイテッド航空しか就航していないマジュロだったことと、私自身ユナイテッド航空の上級会員ステータスを継続するために、年4回のユナイテッド航空自社便を使わなければいけないという契約あったため、ユナイテッド航空を使いました。

1人で席なし幼児連れだったせいか、バシネットを利用したかったのですが(ユナイテッドは体重10キロ以下まではバシネット使用できる)、B737の最少の機材であったため、バシネットの搭載は行われていませんでした。

前もっての問合せで、バシネットがないことは理解していたので、行きの座席はエコノミーのバルクヘッド(最前列)を前もって依頼しておいたんです。

しかしいざ搭乗してみると、とてもバルクヘッドとは感じられない狭さで驚きました。

空席があれば隣席をブロックしてくれるケースもあるみたいなのですが、今回はおしくも満席。

しかも隣2人は大きなアメリカ人男性・・・。

でもとても優しい人たちだったので救われました。

びっくりすることはこれだけではなく、ユナイテッド航空は席なし乳幼児向けのケースだと、ベビーミールやおもちゃのサービスは受けることが出来ません。

これも事前に勉強しておいたので、子ども用の食事とおもちゃを用意して搭乗しました。

「外資系航空会社に搭乗する時は、日系のサービスを考えてはいけない・・・」と実感した瞬間でした。

想定外のリスクを回避するため、幼児連れフライトを行う場合は、前もって航空会社のサービスを確認することを推奨します。

 

オススメ機内食はヒンズーミール

アメリカ系航空会社の機内食が好きではないので、私は特別食のヒンズーミールをお願いしておきます。

これはオンラインで無料リクエストすることが可能です。

ほとんどがベジタリアンのインド風カレーでヘルシーかつ美味です。

ちなみにフライト中、ほとんどを眠っていた息子。

息子をずっと抱いていたので、機内食のタイミングで食事をすることができませんでした、息子が起きたタイミングで食事を用意することができたので、ありがたかったです。

結果的にあまり子連れには向いていない航空会社だという事を実感しました。


【オススメ】海外で使えるプリペイドカード
海外でも利用出来るキャッシュパスポートはお金を持ち歩かなくても安心して買い物ができるプリペイドカードです。
海外旅行に行かれる時は、非常に便利なので利用された方が良いですよ!本当に便利でオススメです!




sponserdlink

コメントは受け付けていません。