グアムのホテルでクラブルームに泊まりたかったので、グアムヒルトンのタシクラブに宿泊することにしたのですが、ヒルトンにしたのはその値段からです。

ヒルトンのタシクラブは私が調査した段階では楽天トラベルで1泊が179ドル、シェラトンのクラブルームが185ドル、ハイアットのリージェンシークラブルームはとても高額で305ドルとなっていましたので、最もリーズナブルに宿泊できるヒルトンに決定しました。

タシクラブラウンジの利用では和洋ブッフェ朝食(7:00~10:30)、カクテルサービス(17:00~19:00)、ドリンクサービス(7:00~21:00)が使えました。

専用デスクでの着席チェックインとアウトが可能で、チェックインはウェルカムフルーツジュースとおしぼりが提供されます。

部屋にはクラブツリー&イブリンのブランドアメニティとバスローブも用意されており、高速インターネットもタダで使えました。

当然シュノーケリングマスク滞在中レンタルも無料なので利用、イパオビーチを満喫することが出来ました。

グアムで最もお得なクラブルームの滞在を満喫してきましたので、その体験を書いていきます。

フロントは日本人スタッフなので、チェックインは日本語で大丈夫です。

クラブルームですのでバスローブも用意されています。

 

グアム・タシクラブの部屋の感想

私たちが泊まったお部屋は2階の2210号室で、目の前は海でしたがタモンのホテル郡を見渡す眺めではなく、リーフを見る景色のような感じでした。

部屋の広さは普通の部屋と同じで、前回アウトリガーのオーシャンフロントスタジオルームに宿泊した私たちには、比べてしまったことからちょっと窮屈を感じてしまいました。

通常の利用であればまったく問題ない広さですが。

リーズナブルなクラブルームがこの宿泊料金で使えますので、それはしかたないことなと思いました。

バスルームのバスタブも普通の部屋と同一タイプのものなので、シャワールームも一緒になっています。

バスタブにお湯を入れる際には、蛇口から出るお湯が大量なので早くて我慢する必要が無くてその点ではとても便利でした。

また、排水が悪いホテルが多い中で、排水に関連してはとても早くお湯を抜くことができましたので、入浴を待機している家族も満足できました。

しかしシャワーヘッドの使い勝手が使いづらいことから水量もなく節水タイプなのかと勘違いしてしまいました。

シャワーの放出する箇所がチェンジ出来るのですが、お湯の量の出が多くないので頭を洗うときにてこずってしまいました。

こちらも自宅のシャワーとの個人的な比べなので、判断は変わるかもしれませんが。


【オススメ】海外で使えるプリペイドカード
海外でも利用出来るキャッシュパスポートはお金を持ち歩かなくても安心して買い物ができるプリペイドカードです。
海外旅行に行かれる時は、非常に便利なので利用された方が良いですよ!本当に便利でオススメです!




sponserdlink

コメントは受け付けていません。