FXZEROとはどんな企業ですか?

FXZEROってどんな企業ですか?

FXZERO(FXゼロ)はあまり知名度のない業者となっていますが、ひまわりグループを知っている方はたくさんいらっしゃいますね。

そして驚くべきことに、なんとFXZERO(FXゼロ)の株主や出資者はJASDAQ上場のひまわりホールディングスとなっております。

つまりFXZEROとひまわり証券は親会社が同じ兄弟企業ということですね。

意外と知らない人が多いからなんですね。

ひまわり証券はFX業界のパイオニアでありまして一番の老舗から業界でもかなりおおきな信頼性と豊富な情報が売りの会社として有名となっていますね。

しかしひまわり証券はFXの他に証券業務やCFD業務も行っており、FXサービスの取引条件は大して良くないかもしれません。

そのためにFXサービスに特化したFXZEROを作ったのです。

要するにFXZEROはひまわり証券の弱点を補うような業者となっているのです。

FXZEROと同系列のひまわりグループであるひまわり証券はFX業界のパイオニアとも呼ばれており情報量がかなり豊富なのですが、手数料がかかってしまう、スプレッドが広い、レバレッジが低いなどといったFXサービスの取引条件はあまりよくないかもしれません。

FXZEROは、そのひまわり証券を補っているような形で手数料無料、低スプレッド、ハイレバレッジといった条件を設定しており、短期売買に非常に向いている業者になっているのです。

しかし情報サービスはあまり量がないかもしれません。

同系列のひまわりグループであるFXZEROとひまわり証券は2社を組み合わせて使うことにより互いの弱点を補うような仕組みになっているのです。

FXZEROはひまわり証券のデメリットである手数料がかかる、スプレッドが広範囲といったコスト面を補うような仕組みとなっております。

ひまわり証券は手数料がかかってしまいスプレッドが広いのですがFXZEROは手数料無料であり、業界でもトップレベルの低スプレッドを可能としているのです。

USDJPY:1pips~
EURJPY:2pips~
GBPJPY:4pips~

という具合でトップ水準の低コストを実現としています。

短期売買業者の多くは母体が小さく信頼性に欠けるところが多くなりがちですが、
FXZEROはひまわりグループということで非常に安心感があって、コスト面でも安全面でも有力な企業ということになります。

FXZEROはひまわり証券の弱点であるコスト面を補うように手数料無料と相当の低スプレッドを実現としているのです。

その上そのレートはFX会社独自レートではなくインターバンクの直通レートになっているのです。

FXZEROはひまわり証券と同系列と言うのは知らい人が多いのですが、実はそういう事なんですね。
少し勉強になりましたね。


【限定】1日10分で毎月安定して稼ぎ続ける方法


FXスキャル・パーフェクトシグナル
詳しくはこちら >>FXスキャル・パーフェクトシグナル

FXの口座開設はDMM.com!キャンペーン中!




FX常勝のプロが教える!FX情報を手に入れろ!






sponserdlonk

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ