FX MJの長所について教えてください

MJは2007年下半期の取引高No.1FX業者

MJは一昔前は大人気だったFX業者となっております。

矢野経済研究所の2007年度FX取引調査において、MJは2007年度下半期の取引高No.1を達成しています。

これはMJが大人気であることと他にもサービスが良くてリピーターがついていることの証明となっています。

しかし、2008年取引高No1の座は外為オンラインに負けるなど、その勢いが他の業者へ一歩後ろにいるのは確かです。

本当に2007年下半期No1なのか確かめるにはMJの公式ホームページなどをご覧になってください。

 

MJは元々商社の貿易業務をこじんまりとやっていた業者です。

1971年にミッドジャパンとして設立された一応老舗の業者なのですが、FXサービスを始めたのは2003年頃からとなっています。

最初は海外系のGFTシステムを導入したAFT-FX、サザインベストメントと同じようにGFTのIB業者としてFXサービスを行ってきました。

しかし2007年にIB業務を廃止して、FONOX系のシステムを導入して、短期売買向けのサービス「Spot Board」へリニューアルいたしました。

今現在は、いろんなFX業者がドル円のスプレッドを1pipsにしたり、0.5pipsにしてしのぎを削っている状態です。

しかしFX業界で最初にドル円のスプレッドを1pipsにしたのはこのMJだったのです。

MJがいなければ、ここまでスプレッド競争は白熱していなかったと思われます。

それだけ当時(2007)はスプレッド1pipsは衝撃的だったのです。

MJは短期売買をする投資家をターゲットとしているために、取引回数や取引量が多い人ほどお得なキャンペーンを頻繁に開催しております。

一定取引量を取引した既存顧客に対してもキャッシュバックを行ってくれます。

さらにさらに新規口座開設者に関しては5000円をプレゼントしてくれるので、取引回数や取引量が多い短期売買投資家は、新規でも既存でもキャッシュバックが受けられるという仕組みです。

MJは取引すればするほど儲けが出てしまうので、デイトレーダー、スキャルトレーダーなどといった、短期売買を繰り返す投資家に非常に有利な業者と位置づけされるでしょう。

2008年度取引高No1の座は外為オンラインに抜かされたとはいうものの、MJは取引回数が非常に膨大であったり、取引量が非常に大きい短期売買主体のFX投資家に非常に向いている業者となっているのです。

手数料無料、ドル円スプレッド1pips、レバレッジ400倍の元祖でもあり、取引回数や取引量が多ければキャッシュバックも受けることが可能です。

スワップは低くなっていますので長期投資にはあまり不向きとなっておりますが、MJは短期売買をする投資家に非常に有効と言える業者ですね。


【限定】1日10分で毎月安定して稼ぎ続ける方法


FXスキャル・パーフェクトシグナル
詳しくはこちら >>FXスキャル・パーフェクトシグナル

FXの口座開設はDMM.com!キャンペーン中!




FX常勝のプロが教える!FX情報を手に入れろ!






sponserdlonk

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ