FX第2の基軸通貨ユーロの歴史と成り立ち

FX第2の基軸通貨ユーロの歴史と成り立ち

今回の記事からは、ドルと並んで世界の基軸通貨となりつつあるユーロ、さらに中国人民元について推理していきます。

「第2の基軸通貨ユーロの強さがどこまで継続するのか?」というテーマは、FXで為替取引をするうえでも大きな関心事といえます。

そもそも、外国為替市場でユーロの取引が始まったのは1999年の年初からです。

実社会で流通するようになったのは2001年年初からですが、その2年前からユーロの売買は実行されてきました。

それまでの外国為替市場では、ドイツ・マルク(DEM)、フランス・フラン(FFR)、イタリア・リラ(1TL)、オランダ・ギルダー(NLG)、ベルギー・フラン(BFF)など、各国の通貨が取引されていましたが、ユーロ(EUR)への結合によって、これらの通貨は取引されなくなりました。

ユーロへの結合から、すでに10年近くが経過して、通貨ユーロへの信認はますます深まっているといえます。

「一体ユーロとは何か?」一言で言うと、それはドイツの「経済力、生産能力の高さ」とフランスの「リーダーシップや外交手腕」とが合体したものといえます。

ドイツは、陸続きで隣国と接しており、かつまたその隣国へ製品を輸出しています。

トイツ国内で生産したものを、隣国に購入してもらわないと、ドイツの企業は生き残れません。

日本と同じで、輸出依存型であるドイツにとって、自国の通貨高に苦しむことのない通貨統合は願ったりかなったりでした。

反対に、フランスは、ドイツの経済力を使用し、ヨーロッパの中で、リーダーシップを発押するという名目を取りました。

フランスはいまだ農業国であり、ドイツに匹敵するだけの産業・技術・経済力が端からありません。

両者の思惑が合致することで、ユーロはドルに次ぐ第2の基軸通貨になり、ドルや円に対してほぼ5年近く上昇を継続しています。

 

FXユーロ高がまったく止まらない理由

ドルや円に関連して一貫して上昇トレンドを形成しているユーロですが、きわめて長期的に見ていけば、1ユーロ2ドルになってもおかしくはない、と私は推測します。

2008年、既にドルとユーロの金利差は逆転しています。

サブプライムローン問題に苦しむアメリカ中央銀行FRBが今後、政策金利を2%台まで引き下げることが確実視されている以上、ユーロ金利とドル金利の金利差がますます拡大するのはほぼ確定しています。

ヨーロッパ諸国の中央銀行は、昔、ドイツが第一次大戦後にハイパーィンフレに苦しんだことなどもあり、インフレに関連してはきわめてタフ・ファイターです。

 

大阪府枚方市のネイル-ジェルのサロン情報

 


【限定】1日10分で毎月安定して稼ぎ続ける方法


FXスキャル・パーフェクトシグナル
詳しくはこちら >>FXスキャル・パーフェクトシグナル

FXの口座開設はDMM.com!キャンペーン中!




FX常勝のプロが教える!FX情報を手に入れろ!






sponserdlonk

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ