FXに強い人間と弱い人間

勉強しないのはまったく邪道ですが、努力に努力を重ねても予測がずれてしまうことはあるのです。

長年、為替の世界に身を置いてよく思考するのは、「相場がうまいヤツはいない、相場に強いヤツがいる」ということでしょうか。

私たちは神様ではないので、誰でもミスを犯してしまいます。

つまり、相場の世界に「ミスター・パーフェクト」は絶対に存在しないのです。

どんなに「相場がうまい」と思っている人間でもかならずミスを起こしてしまいます。

周囲から「完璧」と思われているシアトル・マリナーズのイチロー選手でさえ、「僕は決して『打率4割」とは言わないんです。

6割の失敗は許してやるわ、と。いつもそう言っているんです」と語っているそうです。

これは相場の世界でも同様で、損切りをしっかりして大負けしない投資を心がければ、勝率が5割程度でも十分、年率200%程度の利益を生み出すことは可能なのです。

私が長年のディーラー経験で確認してきたのは、「相場がうまいヤツ」ではなく、「相場に強いヤツ」でした。

「相場に強いヤツ」は、人間はどんなに努力しても、どんな立派な成功法を収入してもかならず「失敗」することを理解しています。

「失敗する」ということを前提に相場に参加します。

反対に「相場に弱い人」は「失敗」に耐えられない人です。

他の言い方をすると、負けを認められない人ということもできます。

 

FXに対する強い想い

「相場はこう動く!」という自分の思惑がはずれた時に「いや、かならず自分の思ったように動くはずだ」と負けを認めることができないと、相場では絶対に大損してしまいます。

ここで一度「負け」を認めて損切りするのが普通の人です。

しかし、相場に強い人は、単に「負け」を認めるだけではないのです。

「負け」を確認した上で、しつこく次のチャンスを求めて相場に食らいついていくのです。

精神的にめげない、あきらめない、しつこい、というか、「負け」ても次に「勝つ」ためにはどうすればいいのか、沈着冷静
に、熱くならず考えられる人です。

要するに「根性」がある人なわけです。

「知的根性」「知的しつこさ」といってもいいかもしれません。

相場を読むためにはある一定の技術や知識が絶対に必要です。

これまでの経験から何も学ばない人は相場でコンスタントに勝利する人はいません。

でも、それだけでは十分ではない。

技術が同様なら、あとはミスが少ないほうが勝つのです。

でも、ミスがないことはありえない。

そうなると、最後にはやっぱり「根性」とか「ねばり」といったものが貴重になってくるわけです。

さらに、これまでも何度も繰り返しましたが、勝つことが目的なのですから、難しい相場はなるべく避けたほうが無難です。


【限定】1日10分で毎月安定して稼ぎ続ける方法


FXスキャル・パーフェクトシグナル
詳しくはこちら >>FXスキャル・パーフェクトシグナル

FXの口座開設はDMM.com!キャンペーン中!




FX常勝のプロが教える!FX情報を手に入れろ!






sponserdlonk

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ