FX大口投資家の売買の癖や習性を把握する

みんなが注目して、「そのチャート・ポイントが破られるか、守られるか」を真剣に考えるからこそ、そのポイントに意味が発生するのです。

極論するなら、チャート・ポイントの価格そのものはどうでもいいことです。

そのポイントでたくさんの投資家が「何を考えているのか」、相場心理を読み取ることこそが貴重です。

「高値」に関して言えば、これまでの高値をブレイクできるかできないか?

高値を更新すれば、「まだまだ上がるぞ」という楽観的な相場心理が広がりやすくなります。

逆に、ブレイクできなければ、「もう、これ以上の上昇は望めないかも」という悲観的な相場心理が台頭してきます。

相場が急落している際、誰もどこまで下がるか分かりません。

そんな時は昔につけた「安値」が心理的な節目になります。

「過去に下げ止まったのだから、今回もその安値近辺で相場は反転上昇するだろう」という心理状態が生まれます。

反対に、「この安値でも下げ止まらなかったら、やばいぞ」という不安も出てくるでしょう。

相場参加者の多くはこうしたチャートポイントを把握したうえで「そこで多くの投資家は何を考えているか」を未来予想して勝負にかけるのです。

チャート分析はあくまで現状把握であって、それを基にした、未来予想が外れるか当たるかは相場心理を的確に読むことが出来るかどうかにかかってきます。

チャートそのものに意味がある訳ではなく、その裏にある相場心理を読むことではじめて「値動きの未来予想」をすることが可能なのです。

「チャートを確認して現状把握」→「チャートに記された相場で審理を読んで未来予想」という流れです。

そのうえで、一番上で一番簡単で儲かりやすいのは「トレンドに乗る事だ」というのが私の主張です。

「トレンド」と言うものは、実は多くの投資家の心理状態を表しているものに過ぎない、と考えると分かりやすいでしょう。

みんなが楽観的だからこそ上昇トレンドは生まれ、上昇トレンドが続くからこそみんなより楽観的になる。

みんなが悲観的になるから下降トレンドは生まれ、下降トレンドが続くからこそ皆よりは楽観的になる。

チャートとともにその裏の人間心理を読むことが重要です。

FX大口投資家の売買の癖や習性を把握する

相場が急激に変動する場面ほど、相場心理を読むことが重要になってきます。

中でも、相場急変時にもっと注目しなければならないのが、大口投資家の投資動向です。

一定のトレンドが継続し、相場が比較的に安定して推移している時とは違って、相場急急変時には大口投資家にも相当な損失が出ている可能性があります。


【限定】1日10分で毎月安定して稼ぎ続ける方法


FXスキャル・パーフェクトシグナル
詳しくはこちら >>FXスキャル・パーフェクトシグナル

FXの口座開設はDMM.com!キャンペーン中!




FX常勝のプロが教える!FX情報を手に入れろ!






sponserdlonk

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ