外国為替市場における時間帯の特徴と傾向について

取引量の多い時間帯は?

外国為替市場において最も取引量が多い時間帯は日本時間における夕方~夜にかけての時間帯、つまりロンドン時間です。

この時間帯はヨーロッパのディーラーが中心となりますが、東京、香港といったディーラーまだ残っている時間帯であり、ニューヨークのディーラーが途中から加わります。

その為、日本時間の夕方~夜はアジア、ヨーロッパ、アメリカのディーラーが一斉に取引を行う時間帯となります。

アメリカやヨーロッパの経済指標といった材料についてもこの時間帯に発表されることが一般的で、最も活発に動く時間帯となります。

取引量の少ない時間帯

一方で、最も取引量が少ない時間帯は日本時間における早朝のタイミングです。

日本の早朝の時間帯は、ニューヨークのディーラーが取引を終え、東京のディーラーの取引を始める前です。

その為この時間帯は非常に取引量が少なく、大口の取引が行われた場合、相場が大きく変動する場合もあり、不安定な時間帯とも言えます。

注目したいポイント

1日の取引の中では特に注意しておきたい時間があります。

日本時間における『9時55分』には、日本の銀行において“仲値”が発表されます。

これは銀行の窓口等で両替を行う際に用いられる基準となるレートであり、その日1日、この時点で発表された仲値が用いられることとなります。

海外旅行や外貨預金、あるいは商品を購入した際の企業の決済等では、仲値はドル買いになります。

また、企業の決済日である5と10の付く日については大量のドル買い注文が行われる為要注意です。

また、日本時間における『15時00分』のタイミングで、東京市場における行使期限のオプションが消滅します。

所謂“東京カット”です。

この時間帯をターニングポイントとして一気に注文が無くなる、あるいは買い戻して大幅に上昇する場合があります。

『22時30分』になると、アメリカの経済指標が発表されます(アメリカがサマータイムの場合は21時30分)。

GDPや雇用統計、貿易収支の発表ではその内容によって大きく市場を動かす場合があります。

日本時間の『0時00分』にはニューヨーク市場における行使期限のオプションが消滅します(アメリカがサマータイムの場合は23時)。

大半のオプション取引はこのタイミングで期限となることから、東京カット以上にオプションの取引量が増えることから、注意が必要となります。

最後に、日本時間における『1時00分』になると、ロンドンフィックス・ロンドンでの仲値の設定がなされます。

これは投資信託の基準レートとして用いられます。大幅に動くことはありませんが、稀にドル円・クロス円が急激に変動する場合もあります。


【限定】1日10分で毎月安定して稼ぎ続ける方法


FXスキャル・パーフェクトシグナル
詳しくはこちら >>FXスキャル・パーフェクトシグナル

FXの口座開設はDMM.com!キャンペーン中!




FX常勝のプロが教える!FX情報を手に入れろ!






sponserdlonk

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ