FX相場を分析する2パターンの方法!『ファンダメンタルズ分析』と『テクニカル分析』

さて、いざFXトレードをスタートするにあたっては、ビギナーとはいっても、立派な1人の相場師となったのですから、相場を分析しながら取引をしなければなりません。

ですが、何も前知識が無い状態でいきなり放り出されても、一体何を元にどのように予想すれば良いのか判断できません。

ということで、今回はFX相場を分析する方法を2パターン、それぞれ特色についても交えながら、詳細に解説させていただきます。

いきなり高度な話となってしまいましたが、FXビギナーにとっては、“相場分析”は非常に大きな障害となって立ちはだかります。

ですが、FXに足を踏み入れたばかりのビギナーでも、相場の分析方法について、ある程度おおまかに知っておくことは、近い未来に必ず必要となりますから、紹介させていただきます。

今回紹介させていただくのは、『ファンダメンタルズ分析』及び『テクニカル分析』の2パターンです。

FX入門者、あるいはFXビギナーの方は、この言葉の意味すら理解できない人も多いのではないでしょうか。

まず、ファンダメンタルズ分析とは、『経済指標、経済に関連したニュースを元に為替が変動している』といった考え方を元とする相場分析法です。

つまり、経済指標や、ニュースを分析することで、将来的な相場の変動を予測する方法です。

 

このファンダメンタルズ分析については、過去のニュースについても順序立てて分析しなければなりませんが、平時からニュースや新聞、本で知識を得ている人であれば、FXをスタートしたばかりでもすぐに活用することができる相場分析法となります。

このファンダメンタルズ分析については『難解』だとして好まない人も少なくないのですが…

例えば、『日本の経済状況が悪いから、今後日本の円が売られるのではないか』といったことを想定した場合、これはファンダメンタルズ分析となります。

ファンダメンタルズ分析については、身近なところで既に触れていることが多いですから、ニュースを分析するのは難解だと、身構えて臨む必要は全くありません。

では、続いてテクニカル分析について紹介させていただきます。

経済指標、ニュースを元に分析するファンダメンタルズ分析に対して、テクニカル分析では、『過去発生した値動きの傾向は将来的な相場にも当てはまる』という考え方を元として相場分析を行う方法です。

過去発生した相場の値動きについて数学的な立場から分析を行うことで、将来の相場展開を予測する、といった考え方となります。

 


【限定】1日10分で毎月安定して稼ぎ続ける方法


FXスキャル・パーフェクトシグナル
詳しくはこちら >>FXスキャル・パーフェクトシグナル

FXの口座開設はDMM.com!キャンペーン中!




FX常勝のプロが教える!FX情報を手に入れろ!






sponserdlonk











コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ