FX取引体験談!FXで世界情勢に強くなる!

株式の売買でもそうだったのですが、私が買いの決断を下すと、もしその時に買わずに正反対の売りの決断を下していれば、どれほどの利益になっただろうか、と感じることは少なくありません。

最早ジンクスのようになっています。

株式ではじめに売りから入る取引は信用取引を行わないとできませんから、私は実際にやったことはありません。

ですが、FX投資では買い・売りのどちらの取引からでも入ることができますから、私が買いたいと思った時には売った方が実は稼げた、売りたいと思った時には、買っていた方が実は稼げた、というジンクスが見事に当てはまっているということをよく理解しました。

私が買いの決断を下したタイミングで全く正反対の売りのボタンを押していれば、1ヶ月のFXで上げた利益である12,000円は、倍以上の利益になっていたことでしょう。

ある意味、お酒を飲んで酔っ払った状態でFX取引を行って、決断を下したボタンと間違って正反対のボタンを押した時には利益が出ているのですから、むしろ良かったと言えるかもしれません。

ですが実際には、買いの決断を下す時に、正反対の売りの決断を下すなんで、とてもできません。

私がFX取引をはじめて良かったと思ったことは、利益を生み出せたことの他にも、ニュースに対しての関心が非常に高まったということです。

普段から「この報道は為替レートにどのような影響を及ぼすのだろうか」と考えながらニュースを見るようになりました。

これにより、世界情勢のことがよく頭に入ってくるようになりました。

逆にFXに手を出して、ダメだと思った点は、一旦FX取引を初めてしまうと、パソコンの画面に付きっきりになってしまうことで、他の事に何も手が付けられないということです。

株式もFXも、チャートを見ながらデイトレードが行えますが、日々の僅かな上下は無視して、数ヶ月~数年に及ぶ長期間の売買も可能です。

可能なのですが、刻々とリアルタイムで変化するストリーミングチャートを眺めていると、デイトレードの誘惑に負けてしまいます。

デイトレードでも少額ですが細かく利益を上げることができます。

数百円ほどの利益の魅力に後ろ髪惹かれて、朝から夜まで一日中パソコンに張り付いていたくなります。

私はFXをはじめてからまだ1ヶ月、今後どのようにFXと付き合っていくかはまだ決めかねていますが、ドルがもっと下がってしまったら、当分の間買いポジションのドルは塩漬けの状態にしておいて、円安がくるまで放置して待ち続けてみようと考えています。

と、円安を祈る気持ちもあるのですが、円高になってほしい、という気持ちも実はあるのです。

来月台湾旅行にでかける予定なのですが、円高になってくれた方が台湾での滞在費用は得になります。

どこかで得をすると、どこかで損をしてしまうのでしょうね。


【限定】1日10分で毎月安定して稼ぎ続ける方法


FXスキャル・パーフェクトシグナル
詳しくはこちら >>FXスキャル・パーフェクトシグナル

FXの口座開設はDMM.com!キャンペーン中!




FX常勝のプロが教える!FX情報を手に入れろ!






sponserdlonk

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ