別れた相手と復縁したい時は、災害が発生した時は連絡を取るチャンスなのです。
近年、災害が起こることが非常に多くなってきましたね。
大雨や大雪、地震、大量のヒョウが降ったり、竜巻が発生したり等々・・・

こういった災害が発生した際には、元カレ・元カノは大丈夫だろうか、と心配になってしまいますよね。
「今どこにいるのかな?何をしているのかな?」「○○くんのいる地域は大丈夫かな?災害に巻きこまれていたらどうしよう?」なんて考えてしまうでしょう。
実は、この時こそ別れた元カレ・元カノのことを心配しつつ連絡を取る絶好のタイミングなのです。

 

復縁 画像

 

大雨で洪水!メールの内容はどうすれば良いの?

大雨で洪水が起こって元恋人のことが心配・・・この時こそ連絡を取るチャンスです。
なんと、これが復縁に繋がることもあるのです。
ですが、その電話やメールの内容が相手への未練を感じさせてしまう内容になってしまうと、むしろ面倒がられてしまう可能性があります。
よりを戻したいという本心がバレてはいけません。
ただ災害が起こったのをいいことに連絡を取ってきただけじゃないの?なんて思われてしまっては終わりです。

 

元カレ・元カノに未練があるように思われない連絡方法は?

普段元カレ・元カノにただメールしていても効果はなくても、災害が起こった時には緊迫していることがほとんどですから、連絡した際に返事がくることは実は多いのです。
直接メールしても構いませんが、Twitterなどで連絡を取ればリプライが返ってくることは多いでしょう。
元恋人からのリプライがきっかけで復縁に成功した人もいるのです。
平常時の何もないタイミングで連絡するよりは危険性が非常に少ないのです。

連絡を取るにあたっての例としては、

「そっちは大丈夫かな? これからもどんどん被害が出るみたいだから、気をつけてね。 ○○ちゃんと○○君にも連絡をしてみたんだけど、繋がらなくて心配だから、連絡がついたら教えてくれないかな?」

といったように、自分や元恋人以外の第三者のことを心配するような文面も効果的です。
ただ元恋人に未練があるから連絡してきたとは思われにくくなり、連絡が返ってくる可能性が高まります。
災害が起こった時は、その連絡のやり方によってヨリを戻す絶好のチャンスとなるのです。

ですが、絶対に遊び半分でやってはいけません。
その連絡の文面は慎重に練ってください。
軽はずみな内容の連絡をしてしまうと、価値観の違いによって余計に嫌われてしまうこともあります。

 

元恋人と友達関係の時の連絡方法

普段から友達として連絡を取り合っている場合には、「大丈夫?どうしてる?」と普通にメールすると良いでしょう。
こういった簡単なやりとりでも連絡する機会が増え、心配されている、していると、互いに大切な存在なのだと再認識するきっかけになるのです。

こういった状況でのメールは平時の何気ないメールに比べて効果的ですので有効活用するといいでしょう。

 

 


mousikomi53
mousikomi11

  


コメントは受け付けていません。