元カレ・元カノにフラれてしまって、

相手とよりを戻したいと考えている人は少なくありません。
よりを戻すことを目指すにあたって、必ず、2人で話し合う為の場を、

なんらかの形で設ける必要がありますよね。
ですが、別れた後元カレ・元カノと2人きりで会う機会ができたからといって、

復縁の話を露骨に持ち出すことはしばらくの間は控えた方が良いでしょう。

 

会ってくれているのですから、

よりを戻せる可能性が絶対にないとは言いきれません。
ですが、まだ別れてそれほど間もない時期に、相手の想いもわからないまま、

無闇やたらに話を進めたとしても復縁は上手くいかないでしょう。

 

焦りは絶対に禁物です。
まずは、徐々に会う機会を増やしていくことからはじめましょう。
上手に相手の状況を探りながら、

じわじわと固めるように確実なアプローチを仕掛けていくことが大切です。
そうして徐々に、自分に対して心を開いてくれているような素振りが見えてきたら、

その時はじめて、やんわりと復縁の話をもちかけるのが最善だと言えるでしょう。

 

ここまでくれば、元サヤはもう目と鼻の先まで見えてきているように感じていることでしょう。
ですが、やはりここでも焦りは厳禁です。

 

復縁 方法

 

よりを戻す為の話し合いをするにあたって、

一番注意しなければならない点はいったいなんでしょうか?
それは、相手の気持ちを最優先した考えと言動をすることを肝に命じておくことです。

 

復縁の見込みが高くなってくると、

ついついその時の勢いに任せて勝手にどんどん話を進めてしまいたくなるものです。

 

ですが、復縁とは相手があってこそのものです。
ですから、

常に相手がどう考えているのかを上手に探りながら話し合いを進めることが大切なのです。

 

ここで注意しなければならないのは、相手の気持ちを気遣ってばかりで、

自分の気持ちを伝えることがなければ全く意味がありません。

 

自分の本心を伝えることができないままでは、

もし仮によりを戻すことに成功したとしても、

ずっともやもやしたまま関係を続けていくことになってしまいます。

 

そうなってしまえばせっかく復縁したのに結局お互いに疎通できず、

再び破局する結果に終わってしまうかもしれません。
二度の破局を経て復縁することはまずありえないと言っていいでしょう。
よりを戻すための話し合いをする際、別れた後、自分はどんなことを反省したのか、

それをどのように改善したのか、そういったことを相手にしっかりと伝わるように

話すことが肝心です。

 

元カレ・元カノの気持ちも考慮しながら、その上で、

自分の気持ちも伝えることが大切なのです。

 


mousikomi53
mousikomi11

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


  


コメントは受け付けていません。