自律神経を整えて痩せる

肥満に至る原因というのは、ふだんの生活がもっとも密接に関わっています。

食べ過ぎや飲み過ぎ、運動不足、間食や夜中の食事など、原因は人それぞれ違いますが、生活習慣の乱れが原因であることは言うまでもありません。

 

自律神経のしくみ

以前から新しく知られるようになった肥満の原因の一つに、自律神経の乱れがあります。

自律神経は脳からの信号を受けとらず、自律して内蔵機能や呼吸器をコントロールする優秀な機能です。

この自律神経には二種類あり、交感神経と副交感神経に分かれ、それぞれが時と場合に応じて交互に働いています。

交感神経は体や精神状態をアクティブにし、運動や仕事の時に活発になるものです。交感神経が優位な状態では血圧が上がり、逆に副交感神経が優位になると血圧が下がります。

副交感神経は睡眠中や入浴時、食後などに活発となり、体を休めて修復させる力があります。

交感神経と副交感神経はそれぞれが異なる機能や役割を持っており、体のスイッチのON・OFFに関わっています。

人間なら誰しも自律神経を備えていますが、生活リズムが乱れて来ると、自律神経の機能も乱れることがあります。

たとえば夜遅くまで起きていたり、残業や長時間のネット、ゲームなど、一日の活動の限界を超えて集中する状態が続くと、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかず、さまざまな影響が体に表れてきます。

 

自律神経の乱れのおそろしさ

現代人の食生活は、暴飲暴食や過食、間食の常習化など、エネルギーの摂りすぎも問題となっています。

交感神経を活発化させる生活習慣に加え、これらの食生活が日常的になることで、血圧の上昇から高血圧の状態が続き、生活習慣病が起きやすくなってしまいます。

また、交感神経の働きが低下すると今度はエネルギーを吸収しても消費しきれず、肥満になっていきます。

実際に、肥満に悩む人の多くが交感神経の働きが鈍くなっているとも指摘されています。

肥満からなかなか抜け出せない背景には、自律神経の切り替えサイクルの乱れがあると言っても過言ではないのです。

自律神経の活動が鈍くなると冷え性にもなります。

体が常に冷たく、低体温で血流が悪い状態が続きます。

神経系の機能を正常化するだけで、心身ともにすっきりとして気持ちの良い生活が送れます。

自律神経のバランスを不必要に乱してしまわないよう、これからダイエットを始める方はぜひ、規則正しい生活を送ることを心がけてみてください。

 



人気ダイエットサプリランキング


ranking-free-sozai1ダイエッターサポートサプリメント【CUTE ME】
あのEAT ME!がW特許成分でリニューアル!あいにゃん&ゆんころWプロデュースで話題沸騰中!

ranking-free-sozai2 ビューティーサプリ【VENUS BODY】
痩せすぎる!と話題になった大ヒットダイエットサプリ!

ranking-free-sozai3 ダイエットサプリ【コレスリム】
即効性もあり、長続きするので、今までダイエットに失敗し続けた方にはオススメ!



WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'



sponserdlink



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ