ダイエットの基本的な考え方

正しいダイエットの方法というのは、食事制限をしないでダイエットに成功するという方法です。

もちろん、ダイエットをしている最中にお腹がパンパンになるくらいに食べるのも良くないでしょうね。

ちょうど腹八分目のところで、食事をやめておくことが大切です。

この腹八分目というのは、食事をしている最中に毎回胃袋の中をレントゲンで調べるというわけにもいきませんが、大まかな自分なりの感覚というのはつかめるようにはなります。

どのような感覚かと申しますと、ある程度食事をした後で、まだもう少し食べれそうといったような多少食べ足りないというお腹の状態ではないかと思います。

その時点においてまだ食べ足りないということで、お腹がパンパンになるまでいつも食事をしている人というのは、きっとすでに肥満気味の体型になっておられる方ではないでしょうか。

それこそ「あー!食った!食った!」といった具合に自分のお腹を両方の手のひらでポンポンとついついたたきたくなるような状態です。

 

 

そんな食生活を毎日行っていると、食べた分だけのカロリーをエネルギーとして消費することができないために、きっと体の中には余分な体脂肪が随分と蓄積されていることでしょうね。

そうは言っても、ダイエットを心がけている場合においては、食べ物の量を減らさないと体重が減らないだろうということで、無理をして食事の回数を二度とか一度に減らす必要はありません。

もちろん、食事を減らした分だけ体の中に入る食べ物の量が減ることにもなるので、体重が減ることが想定されます。

言い換えれば、体を動かした分だけ消費されるべき脂肪成分は体脂肪から補うことができます。

例えば、肝臓や消化器官・各種筋肉などは、蓄積されている体脂肪をエネルギー源とすることができます。

ただし脳に関してだけは、そのエネルギー源はブドウ糖になります。

 

 

しかも、脳自体にブドウ糖を貯蔵しておくことはできないので、肝臓に貯蔵されているブドウ糖が使用されるようになっています。

その代わり、肝臓に貯蔵しておくことのできるブドウ糖には制限があるために、不注意な食事制限や炭水化物制限などのダイエットを行うと、肝臓のブドウ糖が枯渇してしまうことにもなり兼ねません。

もちろん当初の間は、血液中のアミノ酸からブドウ糖が合成されるのですが、その後は筋肉からアミノ酸が分解されてブドウ糖が合成されるようになってしまいます。

この筋肉からブドウ糖が合成される作用のことを糖新生と言います。

このように無謀な食事制限や炭水化物制限を行うと、脳のエネルギー源が不足する状態にもなるために、体の中では糖新生という非常事態が強いられることにもなるのです。

もちろん、そうした糖新生の作用で筋肉がやせ衰えてしまうという考え方に対しても、一部異論を唱える方もおられるようです。

炭水化物制限を行うことで、炭水化物中毒からも解放されるし、筋肉の量自体は落ちずに筋肉の中に含まれている脂肪成分だけが消費されるのでむしろ好ましいという考え方のようです。

もっと分かりやすく説明するならば、高級牛肉に見られる霜降り状態の筋肉から、赤身だけの筋肉になるというのです。

そうは言っても、誰彼となく炭水化物制限を行うというのは、やはり無謀と言えるでしょうね。

 



人気ダイエットサプリランキング


ranking-free-sozai1ダイエッターサポートサプリメント【CUTE ME】
あのEAT ME!がW特許成分でリニューアル!あいにゃん&ゆんころWプロデュースで話題沸騰中!

ranking-free-sozai2 ビューティーサプリ【VENUS BODY】
痩せすぎる!と話題になった大ヒットダイエットサプリ!

ranking-free-sozai3 ダイエットサプリ【コレスリム】
即効性もあり、長続きするので、今までダイエットに失敗し続けた方にはオススメ!



WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'



sponserdlink



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ