まずはダイエットを科学的に分析する

飽食の時代とも言える現代社会では、ちまたにあふれている数々の食べ物の誘惑を断ち切って適度な食事量と適度な運動量を保って生活をするということは困難な時代でもあると言えるでしょうね。

しかも、年々食文化が欧米化の傾向になってきているために、若い世代の方々を中心としてファーストフードやラーメン・パスタといったダイエットには大敵とも言えるような食べ物ばかりが、私たちの目を惹くというような状況にもなってきています。

 

そうした時代でもあるからこそ、いろいろな食べ物と我々人間の体の代謝関係についてもう一度科学的に分析・確認をしておく必要があると言えます。

例えば、若い方に人気のあるハンバーガーなどのパン類、あるいはラーメンやパスタといった麺類などは、炭水化物に当たるために糖質成分でできた食べ物になります。

もちろん、そうした糖質成分というのは、私たちが体を動かしたりする運動のエネルギー源ともなっています。

さらには、考えたり記憶したりする際の脳のエネルギー源でもあります。

しかしながら、食べた以上に運動などを行いながらカロリーを燃焼させておかないと、私たちの体の中に脂肪として蓄積されやすいといったリスクが伴う食べ物でもあります。

もっと分かりやすく言うならば、糖質というのは炭水化物のことであり、体の中に取り込んだ分だけエネルギー源となりますが、運動して消費しない限りにおいては全部脂肪に変化して体の中に蓄積しまうのです。

 

しかも、私たちの食欲をそそるような糖質を多く含んだ食べ物というのは、ちまたには数え切れないくらいに数多くあります。

例えば、ご飯やパン・麺類以外においてもケーキ・アイスクリーム・クッキー・せんべい・饅頭等々です。

一方、肉や魚・豆類などはたんぱく質を多く含んだ食べ物でもあるために、筋肉や骨・毛髪などの栄養成分となります。

従って、ただおいしい食べ物をお腹一杯食べるというだけでは、ダイエットには一向に繋がりません。

やはり、炭水化物を多く含んだ食べ物よりも、たんぱく質を多く含んだ食べ物をより多く食べるように心がける必要があります。

また、朝・昼・夜といった三度の食事においても、朝と昼は体をより動かすために多少カロリーを多めにとっても燃焼されるのですが、夜はあまり体を動かすということもないために、そのほとんどが脂肪となって体の中に蓄積してしまうと言っても過言ではありません。

とくに、ダイエットを行うともなると食事制限を強いられるために、まるで刑務所にでも入っているかのような気分になってしまうかもしれませんが、三度の食事を一度や二度に減らすというのではなくて、あくまでも必要以上に食事を取らないということがダイエットに繋がるのです。

すなわち、お腹一杯というのは食べ過ぎであって、一日三食腹八分目という食べ方を心がけるべきです。

また、夏の季節にもなるとノドがよく乾くので飲んでしまいがちな清涼飲料水などは、砂糖を多く使用しているためにできることならば、お茶や砂糖を使用していない果物・野菜100%の飲み物がおすすめです。

 



人気ダイエットサプリランキング


ranking-free-sozai1ダイエッターサポートサプリメント【CUTE ME】
あのEAT ME!がW特許成分でリニューアル!あいにゃん&ゆんころWプロデュースで話題沸騰中!

ranking-free-sozai2 ビューティーサプリ【VENUS BODY】
痩せすぎる!と話題になった大ヒットダイエットサプリ!

ranking-free-sozai3 ダイエットサプリ【コレスリム】
即効性もあり、長続きするので、今までダイエットに失敗し続けた方にはオススメ!















sponserdlink



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ