脳は書き換えが可能!?

もしこのIRAに、これまでのダイエット経験から「ダイエット→不快」と記憶されていたらどうでしょう。

もうおわかりでしょうが、こういう人は「ダイエットしたい。

ダイエットしてキレイになりたい」といくら思っても、やはりダイエットに失敗します。

理屈で引っ張っていこうとしても、IRAは理屈に抵抗するからです。

そして、「やっばりダメだった。

このダイエット法は効果がない」と納得するのです。

 

理屈で説得しようとしても、IRAが受けつけないものは絶対に説得できない

イヤなものはイヤなのです。

ダイエットできる人とできない人の差は、このIRAの記憶データの違いにあります。

いくら素晴らしい方法でも、これではダイエットがうまくいくはずがないのです。

「では、一度ダイエットが嫌いになった私のIRAはもう変えられないの?

変えられなければ、永遠にダイエットに成功できないの?」

これはもっともな疑問です。

しかし、IRAは変えられるのです。

正確にいえば、IRAの記憶データは簡単に切り換えられるのです。

ご存知の方がおられるかもしれませんが、私の父・西田文郎は、ブレイン・トレーニングを指導しています。

『№1理論』『面白いほど成功するツキの大原則』『人生の目的が見つかる魔法の杖』(いずれも現代書林刊)などの著書を持ち、おかげさまでいずれもベストセラーを続けております。

その本の例ですが、父は大のネコ嫌いで、それを察知した我が家の飼い猫のミーコはなかなか父になつこうとしませんでした。

しかし父は得意のブレイン・トレーニングでミーコのIRAを変え、今ではミーコを思うままに操っています。

方法はごく簡単で、ミーコのエサ担当役になったのです。

エサをあげることで、それまでの「父→不快」だったミーコのIRAが「父→エサ→快」の流れに置き換えられ、やがて「父→快」に変わったのです。

「父→エサ」という条件づけで、ミーコのIRAは「快」に転換するようになり、「父のことが好きなミーコ」が誕生したというわけです。

 

IRAが受けつけてしまえは、現実がそうなってしまう

もともと私たちの能力には、ほとんど差などありません。

IRAが白紙状態で生まれてくるのですから、最初は「好き・嫌い」もなければ、「得意・苦手」もないのです。

しかし、年月によって、IRAにデータが蓄積されていきます。

そのとき、どんなデータが蓄積されたかによって、目標を決めてラクラク達成できるか、いくら頑張って努力しても目標が達成できずにバーンアウト(燃え尽き症候群)を起こしてしまうかという大きな違いになってしまうのです。

私たちの理屈脳は、ミーコの理屈脳よりはるかに複雑です。

それだけ理屈脳がIRAの書き換えに抵抗しますが、IRAは十分に書き換え可能です。

つまり、行動を変えることは誰にでもできることなのです。

 



人気ダイエットサプリランキング


ranking-free-sozai1ダイエッターサポートサプリメント【CUTE ME】
あのEAT ME!がW特許成分でリニューアル!あいにゃん&ゆんころWプロデュースで話題沸騰中!

ranking-free-sozai2 ビューティーサプリ【VENUS BODY】
痩せすぎる!と話題になった大ヒットダイエットサプリ!

ranking-free-sozai3 ダイエットサプリ【コレスリム】
即効性もあり、長続きするので、今までダイエットに失敗し続けた方にはオススメ!



WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'



sponserdlink



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ