銀行のキャッシングと消費者金融のキャッシングについて

銀行から借入をした場合には、返済するということは勿論ですが、加えて利息を支払う必要があります。

利息は金利で計算されることとなりますので、当然金利は低い方が良いのですが、契約の時点で金利が固定となるタイプや、景気に左右される金利変動タイプがありますので、特に長期に渡って借入、返済プランを立てる場合には、金利を計算に入れるということは非常に重要です。

最近ではある期間のみ無利息で借りることができるというサービスも利用することができますから、これらを活用するということも一つの選択肢です。

こういったサービスをはじめにスタートしたのは消費者金融ですが、現在では銀行でも同様に無利息で一定期間のみ借入することができるサービスを実施していますので、是非活用しましょう。

単に銀行のキャッシングと言っても、それぞれ銀行によってカラーの異なるサービスを実施していますので、自分に合ったところを見付けるということも大切です。

『キャッシングの借入をして返済期限に遅れた』

『返済はしばらくできそうにもないけど、今後どうなるのか』

返済日を過ぎてしまっても支払うことができなければ、当たり前ですが取り立てを受けることとなります。

キャッシングの取り立てに対して、悪いイメージを抱いている人も少なくないのではないでしょうか。

強面のおにーさんが自宅や勤め先に押しかけてくるのではないか、と不安に感じることもあるかもしれません。

ですが、訪問取り立てが実際に行われていたのは一昔前のことで、今では取り立てのメーンは電話となっています。

また、近年は法律による規制が強くなったことから、脅迫をされるということもありません。

『そんなやり方では取り立てできないんじゃないの?』

『陰で実は脅迫して取り立ててるんじゃないの?』

ということで、実際に大手消費者金融で働いていた元社員の方にインタビューしてみました。

返済日から何日過ぎたら電話がかかってくるのでしょうか。

また、電話の内容はどのようなものなのでしょうか。

信用情報に影響が出てしまうラインとは?

気になる消費者金融の実態について詳細に話しを伺っていきましょう。

消費者金融でのキャッシングの取り立てというものは、本当に怖いものなのでしょうか?

さて、今回消費者金融のキャッシングにおける取り立てについてインタビューさせていただきましたのは、つい最近まで大手の消費者金融、A社に勤められていた森山寛二(仮名)さん。

森山さんは消費者金融A社の店舗窓口、コールセンターで14年に渡って勤務されています。

 


sponserdlink誘導バナー


sponserdlink

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


関連サイト記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ