キャッシングの審査に通らないのは何故?

何故キャッシングの審査に通らないのか?

キャッシングの基準は金融業者によって違う!

キャッシング審査なんてどうせ通らない」

と、諦めてはいませんか?

 

個人でお金をすぐに用意したいと思った時、

まず思いつくのは「消費者金融」や、

銀行のカードローンに代表される

キャッシングサービス」ではないでしょうか。

 

このご時世、個人にお金を融資してくれる銀行なんて

滅多にありません。

 

ましてやキャッシングのように無担保かつ保証人もなく

借り入れが可能なサービスは存在しません。

 

その為、お金に困った時に

多くの人はキャッシングに申し込むことになるのですが、

キャッシングの審査に通らない人も勿論存在します。

 

ですが、何社も繰り返しキャッシング審査を受けて

全て借り入れを断られているといことであれば兎も角、

1~2社の審査で通らなかったといって、

借り入れを諦めるのは気が早いのではないでしょうか。

 

キャッシングの審査は実は水物で、

金融業者によって審査基準が変わる上、

その時々で変動するものなのです。

 

それでも審査に通らない原因は?

キャッシングの審査では、

意外なケアレスミスで通らないケースも少なくありません。

 

キャッシングの申込を行う際には、

住所等必要事項の記入を行いますが、

ここに意外な落とし穴があります。

 

必要事項が正確に記入されていなければ、

審査以前の問題で、

審査基準を満たしており、本当であれば借り入れできたところを、

必要事項が正しく記入されていないことで、

審査に通らない場合があります。

 

例えば、

メールアドレスが間違っていれば当然審査には通りませんし、

メールアドレスが正しく記入されていたとしても、

迷惑メールの設定が原因でメールが届かない場合もあります。

 

▼数撃ちゃ当たるはNG!?複数キャッシングの申込がダメな理由

また、審査以前の問題として、

最もやってはいけないことがあります。

 

それは、複数のキャッシングサービスに、

同時に申込をすることです。

 

借り入れ情報は金融業者間で共有されており、

同時に申し込みを行った場合、

どちらも審査に通らなくなる可能性が高くなります。

 

勿論、

職業や年収を偽る行為も完全に逆効果です。

 

嘘の情報を記入したとしても

金融業者ではあなたの情報を詳細に把握しています。

 

あなたがキャッシング審査の申込をした段階で、

金融業者は信用情報機関にあるデータベースから

あなたに関しての情報を引き出し、申告の内容と照合します。

 

これはキャッシングに限ったことではなく、

クレジットカードの審査等でも、

同様の事が行われています。

 

最後に、借り入れ希望金額を高額にすると、

それだけ多くのお金を借りられるだけの信用度がなければなりませんので、

「自分が本当に借りたい金額」をそのまま申告しましょう。

 


sponserdlink誘導バナー


sponserdlink

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


関連サイト記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ